新入生のみなさま

ご入学おめでとうございます!
ぜひグライダー部の新勧におこしください!
連絡先:glider_shinkan@kugc.jp

2017年3月 七大戦
団体2位でした。
4回中西が個人2位で速度賞を受賞しました。

2018年08月17日

京大KG木曽川合宿 最終日


こんにちは。一回生の辻井です。実家が愛知県なので、木曽川からそのまま帰省し、実家のソファでウトウトしながらこれを書いております。


6:00に起床し外を見ると、前日の予報どおり、雲ひとつない青空。しかも肌寒いくらいに涼しい朝でした。最終日でようやくグライダー日和になった、条件も期待できそうだ、とワクワクしながらランウェイに向かいましたが、一つだけ問題がありました。


横風です。


3〜5mほどの北西の風が吹いていました。離発着時には機体が大きくふらつき、大変そうなフライトが続きました。そして10発ほど飛ばしたところで、ラスト2発で撤収との知らせが。


もどかしく思いながらも、残りの2発を飛ばし、撤収作業に入りました。一番最後に飛ばした機体が中々帰って来ず空を見上げると、自分が見たことのない高度でグライダーが旋回しているのを見つけました。やっぱりサーマル(上昇気流)が出ていたのか、と羨ましく思いました。しかし自分が乗っていなくとも、青空に昇っていくグライダーを見ているだけで、広々とした、爽やかな気持ちになりました。


今合宿7日間での自分の発数は6発、計10発となりした。去年は先輩は12発飛んだと聞いたので、その点は少し残念に思いました。しかし、1週間という長い時間の中で、他大との交流も深められ、備品などの知識も増やすことができ、有意義な活動ができたと思います。



また、目標を立てました。

2年のこの合宿中に初ソロ、

3年の8月にライセンスを取りたいです。


image1.jpeg



posted by 京都大学体育会グライダー部 at 22:42| Comment(0) | 合宿

no-title



こんにちは。一回生の辻井です。実家が愛知県なので、木曽川からそのまま帰省し、実家のソファでウトウトしながらこれを書いております。


6:00に起床し外を見ると、前日の予報どおり、雲ひとつない青空。しかも肌寒いくらいに涼しい朝でした。最終日でようやくグライダー日和になった、条件も期待できそうだ、とワクワクしながらランウェイに向かいましたが、一つだけ問題がありました。


横風です。


35mほどの北西の風が吹いていました。離発着時には機体が大きくふらつき、大変そうなフライトが続きました。そして10発ほど飛ばしたところで、ラスト2発で撤収との知らせが。


もどかしく思いながらも、残りの2発を飛ばし、撤収作業に入りました。一番最後に飛ばした機体が中々帰って来ず空を見上げると、自分が見たことのない高度でグライダーが旋回しているのを見つけました。やっぱりサーマル(上昇気流)が出ていたのか、と羨ましく思いました。しかし自分が乗っていなくとも、青空に昇っていくグライダーを見ているだけで、広々とした、爽やかな気持ちになりました。


今合宿7日間での自分の発数は6発、計10発となりした。去年は先輩は12発飛んだと聞いたので、その点は少し残念に思いました。しかし、1週間という長い時間の中で、他大との交流も深められ、備品などの知識も増やすことができ、有意義な活動ができたと思います。



また、目標を立てました。

2年のこの合宿中に初ソロ、

3年の8月にライセンスを取りたいです。


image1.jpeg



posted by 京都大学体育会グライダー部 at 22:34| Comment(0) | 未分類

2018年08月16日

京大KG木曽川合宿 4日目

更新遅くなってしまって申し訳ありません

日付が前後します

一回生の山梨です

4日目の訓練は朝待機があり、少しスタートは遅れましたが訓練が始まってからは順調に飛ばすことができ、総発数は34発でした

午後は比較的過ごしやすい気候となり夏らしく絵に描いたようにみごとな空の景色も見られました

夜には遠くの空に花火がうち上がっているのが宿舎近くの土手から見えました

訓練の疲れも吹き飛び、しばらくうっとりと花火を眺めてしまいました

京大一回生はまだ誰も一人立ちしていないので早く一人立ちできるように頑張りたいです

IMG_20180814_140534.jpgIMG_20180814_200822.jpg
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 11:53| Comment(0) | 合宿

2018年08月15日

京大KG木曽川合宿 5日目


こんにちは、一回生の辻井です。

早いもので合宿も5日目となりました。しかし最近、夏らしい急な雨や雷が多くて、思っていたよりも訓練できていないのが残念です。


そして今日は朝から雨7時に起床し、全員で掃除をしたあと、自家用とソロに分かれて教官に学科をしていただきました。僕を含め一年生はソロのための学科の方を受けました。


まずウインチ曳航について、前期、中期、後期ごとに注意点を細かく教えていただきました。またそれぞれのタイミングでウインチがどのような操作をしているかも聞くことができたので、理解が非常に深まりました。今は離陸中期から練習をしているところなので、今日学んだ注意点をしっかりと念頭において練習を重ねようと思います。


次に、場周と着陸について教えていただきました。場周時や着陸時には、高度に十分留意しなければなりませんが、それは計器にのみ頼るのではなく、パス角、見下ろし角の見え方を覚えることが大事だということを学びました。今後、練習時には「見え方」を覚えることをもっと意識しようと思います。


そして午後は自由時間になったので、僕はボウリングに行った後、温泉へ行きました。ボウリングは、とんでもなく不安定で、だいぶ落ち込みました。でも他大との親睦を深められたので、非常に楽しかったです!


グライダーに関係したことはあまりできなかったものの、多くの人と仲良くなれた一日でした。

明日は飛べますように。。。


image1.png


posted by 京都大学体育会グライダー部 at 21:29| Comment(0) | 合宿

2018年08月13日

京大KG木曽川合宿 3日目

京都大学グライダー部 一回の今井です。8月13日に初めてのフライトを行いました。

初めての合宿ということもあり、合宿とはどんな雰囲気なのか、いったいどんな準備をしていけばいいんだろうか、そもそも飛ぶってどんな感覚なんだろうとワクワクの気分でしたが、あろうことか練許を京都に忘れてしまいました…とんだミスですね……

さて、練許を取りに帰って無事、正式に合宿をスタートさせるわけですが、8月の盛り、暑さと不慣れな活動に体力が奪われますね(~_~;) それから、新米の僕には謎だらけ…沢山のルールが僕を悩ませます…先輩方、迷惑かけてますが、ご指導よろしくお願いします!

自分が飛ぶ番が回って来ました。
出発準備から手こずりました。狭い閉鎖空間の中にいて、「うまく体が収まっていないんじゃないか?」という疑惑の思いがあるまま、機体は動き出してしまいました…(笑) 急加速する機体の中で気分が高まり、さっきまでの不安をふっとわすれ、ふわっと浮く感覚に一瞬の恐怖を覚えつつも、空へ突き進む間に段々と俗世から離れた悩みの無い世界へ近づけているような気持ちになって行きました。飛んでいるあいだは教官の優しさもあり、別世界を堪能することができました。
これから訓練を重ねて、機体が自らの体の一部かのようなグライダーさばきができるよう努力していきたい。
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 22:36| Comment(0) | 合宿