新入生のみなさま

ご入学おめでとうございます!
ぜひグライダー部の新勧におこしください!
連絡先:glider_shinkan@kugc.jp

2017年3月 七大戦
団体2位でした。
4回中西が個人2位で速度賞を受賞しました。

2017年03月05日

七大戦と今日の土下座

4回生中西です。

七大戦、3/3(競技1日目)〜3/5(競技3日目)を振り返ります。

3/3(競技1日目)

この日は北西風10m近く吹いていました。
競技が始まり、初めの2発を飛びました。1発目はすぐに帰投。2発目、サーマルが強くなってきたときに出撃、2時間近くのフライトとなりました。
強風でのソアリングなので、ハイバンクでグイグイ上がります。しかし風に流される量もハンパなく大きい。高度を稼いでも前に進めません。そんな中、なんとかトップの高いサーマルにしがみつき、第3旋回点までクリア。
この日の京大の得点は、この1発のみとなり、474点で暫定1位。

3/4(競技2日目)

この日の風は穏やか、昼間のサーマルも渋い状況で、滞空点勝負に思われました。
この日の自分は下手くそで、滞空点を16点獲得するのみ。
夕方に近づき、3回生田村が出撃。滞空点65点を獲得。
しかし、名大と北大はチャンスを掴み、第3旋回点までクリア。名大に一気に点差を詰められ、44点差で何とか暫定1位。しかし、この日アドバンテージを得られなかったのは痛い。

3/5(競技3日目)

この日も風は穏やか、逆転層が張っていました。しかし、徐々に逆転層が晴れてきて、サーマルがしっかりと出て、周回コンディションに。
もくもくした雲を追いかけ強いサーマルで高度を獲得し、この日最速で周回。同じく2位名大も周回。なんとか1位を死守したかと思われました。
しかし、セパレーション違反で200点の減点を喰らい、自分の得点は800点、一方で名大は周回+滞空点で984点の得点。
団体順位を逆転され、というより自分で逆転させ、2位に滑落。ハイパーお通夜モード(参列者1名)。

現在の順位は
団体
1.名大(1495点)
2.京大(1355点)
3.北大(606点)
個人
1.名大 後藤(1452点)
2.京大 中西(1290点)
3.北大 中山(306点)

明日は雨ですが、最終日明後日は北西風ビュンビュン、初日と同様のコンディションになると思われます。1位との140点差を絶対に埋め、追い越し、優勝します。

自分のケツは自分で拭う。
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 22:16| Comment(1) | 大会

七大戦陸送日と集合日と練習日

一回生の山本です。自分は27日の333の陸送を含めて七大戦に参加しております。

27日陸送日
京都から約半日くらいかけて関宿滑空場に到着。ドライバーの皆様お疲れ様でした。333は大野グライダークラブに置いてあるため大野から牽引して関宿へ。

28日集合日
この日が集合日で開会式が行われました。七大学の部員たちが集まりました。ちなみに机は入り口から1番近く、東大さんの隣。開会式では四回の中西先輩は保原賞を返還され、関宿のルールなどの説明を受けました。バギー講習会も有りましたが、その一方で僕は夕食の餃子を宿舎で独り作っていました。視線が痛かったです。

1日練習日
この日は学科の予定でしたが、2日は雨予報だったので日程変更。関宿の地理についての説明を受け、選手たちのチェックフライトが行われました。無線が微妙に英語だったり、ランウェイが4つあったり関宿の運行は新鮮でした。晩御飯は中華丼っぽいもの

2日練習日
この日は主に学科が行われました。安全につい
てのお話とメンタルトレーニングを受講。自己についての誤認識が事故を引き起こすこともあるということなど様々なことを学びました。自分も気を引き締めて乗りたいと思います。

3日から競技をスタートしています。競技については次の記事からで、、

posted by 京都大学体育会グライダー部 at 12:48| Comment(0) | 大会

2017年02月27日

滑空場生活

こんばんは、電車に揺られている2回生の北島です。1週間以上に渡る滑空場生活について書こうと思います。


始まりは2/17(金)。333の耐検のために大野入り。翌18日に耐検。七大戦に備えてしっかり整備した333を飛ばした。無事、耐検に通った。

その夜、木曽川に移動。1日遅れて同志社・龍谷・神大の1週間合宿に参加させていただいた。あたたかく受け入れてもらえとても楽しい合宿だった。

木曽川合宿が終わると、今度は再び大野へ。関学大野合宿に参加させていただいた。木曽川合宿と異なり、横風は少なく参加した2日とも満足に飛べた。

そして今日、大野滑空場から関宿滑空場まで陸送。去年とは異なるルート。去年は実家の前通ったのになぁ。関宿には明日までいる予定だったが11日間に及ぶ滑空場生活で疲れたため帰省。


ということで電車に揺られています。
11日間という長期間滑空場にいたことは今までなく、辛いこともありましたが、たくさんの友だちができたり、いろんな機材車を運転したりと、とても良い経験でした。フライト面ではソロ前になり、ソロに向けて離着陸を安定させていく段階になりました。係養成の面では、機材係はあとは試験を受けるだけ、リトリブも養成に入りなんとなく目処がつきました。

春休みも半分終わりましたが、まだまだ頑張ろうと思います。
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 22:52| Comment(0) | 合宿

2/25,26の大野

4回生中西です。

本日2/27は七大戦に向けて、大野滑空場からASK21(JA2333)を関宿滑空場へ陸送する日です。(現在進行形)

朝から陸送するため、大野に前日の夜入りしようか……いやせっかくなら合宿の方にも参加するか……ということで、自分、山ア、北島の3人で関学合宿に参加させて頂きました。

2/25(土)

この日の出撃機体はASK13、ASK21、ASK23B、DuoDiscus、京大Discus。
2回生北島は2回、基礎訓練フライトをしていました。
京大Discusは自分、山ア、谷一さんの3人でローテーションで飛ばしまくりました。
あまり滞空はできず、最長は山アの11分でした。
うーん。

2/26(日)

この日の出撃機体はASK13、ASK21、ASK23B、関学Discus、京大Discusでした。
昼過ぎてから条件が爆発、そのタイミングで自分を飛ばさしてもらい、1時間超のフライトをしました。
七大戦直前なので、周回を念頭にフライトをし、滑空場ー大野橋ー井ノ口橋の24kmタスクを2周しました。コアを掴んで+3〜4で上がったり、直線でバリオ振り切ったり。また、北の方の様子を調べに探検したり、面白いフライトが出来て楽しかったです。
七大戦前のフライトとして最高のフライトができました。
山アはウィンチ練習、北島は3発の訓練フライトとリトリブ練習と、それぞれ充実した1日を過ごしました。

人数が多い中参加を受け入れてくれた関学にこの場をお借りして感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

さて、七大戦で優勝しよう。


写真はDiscus2機、滑空場の9km圏外にある谷汲CC、滑空場の北の方から南を眺める。
DSC_0472.JPGDSC_0477.JPGDSC_0478.JPG
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 13:04| Comment(0) | 合宿

2017年02月24日

木曽川外参 6日目-

こんばんは、2回生の北島です。今日も宿舎からブログを書いてます。


朝、寝過ごしたと思い、時計見ると6時過ぎ。周りを見るとまだ寝ている。???と思っていると宿当が来たので事情を聞くと、風が強いため7時起床だそう。

7時に起床した。ランウェイまで様子を見に行ったところ、まだランウェイが水たまりだらけで、発航点や着陸帯が使えないらしい。横風も強く、本日の訓練は中止。残念。

同志社・龍谷・神大合宿は今日が撤収日だったので撤収の準備。機材の撤収日チェックを手伝った。やっとまともに機材養成をしてもらった。これで機材係は取れそう。本来の目的を達成できてよかった。

今合宿は1人での外参でいろいろ不安もあったが、みんな優しく楽しい合宿だった。フライト面やランウェイワーク、係養成としての課題も見つかりとても有意義だった。

さて、合宿も終わりで京都に戻れるかと思いきや、自分はこのまま大野へ。山崎さんと中西さんと共にKG大野合宿に外参。ということで、明日からも訓練。ランウェイの状態が芳しくないようだが頑張ります。

写真は今合宿ラストはしきゅう。
1487943796472.jpg
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 22:44| Comment(0) | 合宿