新入生のみなさま

ご入学おめでとうございます!
ぜひグライダー部の新勧におこしください!
連絡先:2019kugc@gmail.com

2019年3月 七大戦
団体3位でした。
2回辻が個人3位でした。

2019年08月27日

久住山岳滑翔大会 5日目

こんにちは、二回生の辻井です。そろそろ雨にも慣れてきました。

今日も朝から雨で、午前中は宮地教官に学科をしていただきました。
そして午後からは、観光へ出発しゅっぱーつ!

まず久住ワイナリーへ行きました。いろんなワインが飲めていい経験になりました。(僕は20歳です)僕は赤ワインが好きです。そして辛口が好きです。あとめっちゃ樽感のあるワインが印象的でした。



次にガンジーファームへ行きました。あひるが可愛かったです。自分は、好きなものは?と聞かれなくてもアヒルが1番好きと答えてしまうほど大のアヒル好きなので、幸せすぎてしんどかったです。1番好きな機体も151です。


最後に地ビール村に行きました。ビールもめっちゃ好きです。霧の立ち上る山々を見下ろしながら飲むビールは至高でした。また来たいです。


明日は最終日ですが、あと少しでも飛べることを願うばかりです。残り少ない久住を楽しみます!

下矢印2︎地ビールの宣伝を意識したものです。ありがちなアングルですね
image1.jpegimage2.jpegimage3.jpegimage4.jpeg
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 16:23| Comment(0) | 大会

京大立命大野合宿 最終日

こんばんは、京大1回の好川と堀内です。
本日は撤収日にもかかわらず、総発数52発と大変充実した訓練となりました。そんな中、無事一人立ちを果たした1回生2名で本日のブログもお送りします。

1回生の好川です。今合宿のブログは一人立ちした一回生が書く、ということで私好川も晴れて一人立ちすることが出来ました!予定が合わず参加できなかった木曽川1週間合宿のこともあり、周りとの遅れを取り戻すためにも今合宿で一人立ちしよう考えていたので目標を達成できて非常によかったです。今合宿は私以外にもたくさんの京大グライダー部1回生が一人立ち認定をもらうこととなり、結果的に9人の1回生のうち6人が一人立ちする結果となりました!

さて、そんな一人立ちラッシュの合宿だったわけですがここからはフライトについて書きたいと思います。私好川は今日2発飛ぶことができました。しかし飛行時に操縦桿を握る手に力が入りすぎていたり、直線飛行時のバンク修正が遅かったりとまだまだ課題が山積みな合宿となりました。

私堀内は、今回の合宿は訓練参加が2日のみの計2発でした。2回とも力んでしまい、成長が見られずとても悔しいです。私は先日マニュアル免許を取得し、この合宿でドライバー養成して頂いているのですが、車の運転も同様に、なかなか肩の力を抜く事が出来ていません。グライダーも自動車も自分の友だと思い、しかし一歩間違えれば人命に関わるのだ、という意識を持って、経験を積んでいきたいと思います。また、グライダーはもっと学科の知識を深め、次の合宿1発目に成長を感じられるように励みます。

また、本日は京大グライダー部部長で京都大学防災研究所教授でいらっしゃる丸山敬先生が、同期のOB3名と共に体験搭乗に来てくださいました!現役引退以来の35年ぶりに空を飛んだ方もおり、このような記念すべき瞬間に私達もランウェイワークで携わる事が出来、光栄でした!今後ともご指導の程宜しくお願いします。

そして、共に合宿を行った立命館大学では初ディスカスの先輩方が2名いらっしゃいました。その勇姿を見て、私達も早くディスカスを飛ばせるようになりたいと、一同また決意を新たにしました。

こうして合宿も今日で終わりとなったわけですが、1回生の多くが一人立ちというチェックポイントを通過したわけでこれからはまた初ソロという新たな目標に向けてこれからの合宿も頑張っていく所存です。学生、教官方ご協力ありがとうございました。

合宿風景_190827_0001.jpg
立命京大合宿集合写真.jpg
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 00:49| Comment(0) | 合宿

2019年08月26日

久住山岳滑翔大会 4日目

こんにちは、二回生の辻井です。
裏の京大立命大野合宿の様子をブログで見てきましたが、1年生が頼もしすぎて泣きそうです。
今年の1年生は9人全員が共に高め合ってる感じで、しかもいつも元気で、非常にいい代だなあと思っております。久々に会いたいなあ。

さて、今日の久住ですが、午後から雨という予報に反し、朝から夕方まで小雨待機を挟みつつも終日飛ばすことができました!総発数は58発でした。

日射が少なく条件は出なかったものの、なんとか今日で全員の慣熟フライトが終わりました。それどころか選手全員がもう一周飛べたことで、奇跡的に競技成立となりました。昨日までは、今大会がノーコンテストとなる事態を考えていたので、なんとかこのような結果になったことを嬉しく感じております。

今日のフライトでは、滞空する人はほぼおらず全員が4,5分で着陸していました。しかしソアリングの実力のある人はそのような条件でもなんとか粘り、6,7分のフライトを決めていました(これは運ではなく本当に実力だと感じました)。僕はソアリングが本当に苦手なので、知識と経験を増やし、イメージトレーニングをし、自分や他人のフライトログの研究を重ね、人よりもソアリングのできる選手を目指したいです。

ソアリングはうまく行きませんでしたが、離着陸についてはそれなりにまともに決めることができました。まだパス角判断や速度に少しムラがあるものの、安定はしてきたように思います。先日のパス角トレーニングが生きてきました。ただ、最近注意されていた、優しい舵の用い方、という注意点を完全に忘れてしまったままフライトしていました。再び思い出そうと思います。

また、今日は京都大学グライダー部の3年生の先輩3人から支援物資を受け取りました。全部アマゾンの箱でした。しかし中身は使える(?)ものが多くありがたかったです。

明日も雨予報ではありますが、飛べる時に限りがあるので、なんとか2週目まで終わらせたいと思います
image1.jpeg
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 00:03| Comment(0) | 大会

2019年08月25日

京大立命大野合宿 3日目

> 一回の佐藤有造です。ブログを書くのは二回目です。今日は私と同じく一回の小林が独り立ちしましたので二人合同で書かせていただきます。

天候には恵まれて晴れていました。条件も揃い、かなり強いサーマルが出ていた時もあり、いい訓練の機会になったと思います。現に私も20分飛べて、旋回の練習が思う存分にできて満足です。総発数は28発、途中の索切れの修理に時間がかかってしまいあまり発数が伸びなかったのが少し残念でした。

ところで先程述べた通り、私佐藤は今日独り立ちしました。今までの合宿では先輩に子としてついていき、様々な作業を指導していただきましたが、これでやっとランウェイでの仕事を全て一人でできることを喜ばしく思っております。しかしそれと同時に、これからは全ての行動に責任を負わなければならないという責任も感じております。今まで私を指導してくださった先輩方にこの場を借りてお礼をさせて頂きまたいと思います。ありがとうございます。

僕小林も独り立ちしました。まずは、全くの無知であった私を色々と手取り足取り教えて頂いた先輩方、教官方、ありがとうございました。独り立ちとは言ってもまだまだ半人前なので、これからも勉強や練習を重ね、立派なグライダー乗りになりたいです。

最後に今日は残念ながら飛べなかったディスカスの写真を添えて終わりにさせていただきます。
image1.jpeg
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 21:20| Comment(0) | 合宿

2019年08月24日

久住山岳滑翔大会 3日目

こんにちは、二回生の辻井です。
もう我慢できない。飛ばせてほしい。
前線の南下を待てども待てども久住は連日雨です。どうしてでしょうか。

天気図を見るとなんと、前線がちょうど久住を支点にして動いているではありませんか。
これでは仕方がありません。誰かが前線をホールドしてるようです。

さて今日はですね、8時に起床、晴れ間が一瞬見えたのでランウェイに出てみたものの、雲は低く小雨も断続的に降り続けておりました。なので昼ごはんを食べた後
・格納庫でASK13の機体について学ぶ組
・宿舎で宮地教官の自家用学科を受ける組
・観光する組
に分かれました。僕は宿舎で自家用の学科をうけました。

今日の内容はまず、技能証明とはどういうものか、取ると何ができるのか、どのような手続きが必要か、という話。それから場外着陸の手順や要領の話。そして最後に背風着陸の要領の話。以上のような学科について3,4時間ほどしていただきました。

どれも試験で必ずと言っていいほど聞かれる内容ですので、人に説明できるレベルでしっかり理解しておこうと思います。また自分でもどのように勉強を進めればいいかがわかってきたので、残りの久住での暇な時間はひたすら自家用のための勉強に費やしたいと思います。……いや、もうちょっとだけ観光もしたいです。どっちも楽しみます。


話は変わるのですが、久住で9月の合宿予定を考えていたら大変なことになってしまいました。

飛びたさのあまり、気づくと9月の30日間のうちなんと27日間は滑空場にいる予定に。9月前半に新人戦を控え、今秋に自家用を取りたい、と思うとそのぐらいのスケジュールになってしまうのでしょう。

滑空場にいるのは大好きですので、苦痛というよりむしろ天国です。グライダー漬けの夏休みっていいですね。周りの友達は僕のグライダー熱のあまり若干引き気味ですが、気にしてません。楽しければいいのです。

ただお金については微妙です…さすがに足りなくなりそうです。どうしよう。

とりあえずこの夏で一気に技量と知識のレベルアップを図り、自家用をもぎ取って、この冬にはディスカスでのソアリングを楽しむこと、そして関東に負けないソアリング技術を磨いていくことが今の目標ですので、それに向かって突っ走っていこうと思います。応援よろしくお願いいたします。


今日はなんの写真も撮ってないので夜ご飯の牛丼を載せておきます。久住の夜ご飯、神です。


P.S. 最近かなり脳死でこのブログを書いているのでだんだん雑になっていると思われますが、お許しください。
思ったことを全部吐く場所ですね…1日を振り返って反省するという観点ではブログはとてもためになります。
image1.jpeg
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 23:02| Comment(0) | 大会