新入生のみなさま

ご入学おめでとうございます!
ぜひグライダー部の新勧におこしください!
連絡先:2019kugc@gmail.com
HPはこちら

2019年3月 七大戦
団体3位でした。
2回辻が個人3位でした。

2022年06月20日

京大125周年 体育会イベント

お世話になっております、OB一年目の辻井です。

 

この度、京都大学創立125周年を記念し、

6/18()19()にロームシアター京都にて様々な125周年記念イベントを開催

その一環として6/19(日)、体育会学生の主催イベント「京大体育会、まるごと魅せます。」が開催されました。(会場&オンライン生配信)

 

京都大学グライダー部としては、本イベントにて

@体育会全55部活による動画コンテスト応募

AOB座談会にて学生の登壇(辻井)

B会場前スペースへの活動写真の展示

という形で参加させていただきました。

今回は、その結果についてご報告させていただきます。

 

@体育会全55部活による動画コンテスト

本イベントでは、体育会の全部活から1分強の動画を集めて放送し、「どの部活が1番魅力的だったか」を参加者投票により決定、表彰を行いました。

他の部活からもクオリティの高い作品が寄せられる中、

我々グライダー部は学生で制作した以下の動画を投稿し、見事【2位】の成績を収めました!!

 

https://youtu.be/fn2jM5RR2Sc

 

2位の商品として、【体育会誌「濃青」巻頭写真への掲載、スポーツ用品二万円分、125 周年記念サイトへの動画掲載】の目録をいただきました!

 

ちなみに1位はラグビー部(2位と僅差だったそうです)、3位はサイクリング部でした!

どの部の動画も本当に魅力的でした。

 

 

AOB座談会

京大体育会OBの森田さん(アメフト部出身、Bリーグ京都ハンナリーズ代表取締役社長)、新美さん(硬式野球部出身、関西テレビ報道番組キャスター)をお招きし、現在学生の酒井君(サッカー部)と辻井(グライダー部)の4人で座談会をしました。

座談会中は体育会にまつわる3つのテーマ「勉学と部活の両立」「京大生あるある」「方針の合わないメンバーとの付き合い方」についてトーク。

 

社会で大活躍されている偉大なOBのお二人からは、学生時代の経験をもとに、面白く興味深くお話ししていただきました。

特にプロのお二人のトーク力はものすごく、学生2人は座談会であることを忘れてお話を楽しんでしまいました。

自分も非常に緊張し、うまく話せない場面も多かったのですが、楽しかったです!

部活動ですぐに役立つお話を沢山引き出すことができ、良い機会になりました。

 

 

B会場前での展示

会場前のスペースにて、体育会の一部部活から、道具やトロフィーの展示がありました。

我々グライダー部のブースでは活動写真を展示しました!

グライダーのことを少しでも多くの人に知ってもらいたいですね。

 

体育会のイベントではありましたが、グライダー部から部を上げて積極的に参加でき、非常に楽しい機会となりました。

体育会の皆様、企画運営本当にありがとうございました…!

 

 

また、本イベントでは会場に4名のOBと現役部員、その他20名のOBの皆様に参加いただきました。

OBの皆様の温かいご支援ご協力のおかげで、無事にイベントをやり切ることができ、また結果を残すことができました。この場をお借りして、心より御礼申し上げます。

-->
【未分類の最新記事】
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 17:09| Comment(0) | 未分類

2022年06月07日

初ソロ









お久しぶりです。前回に引き続きブログを担当させていただく2回の松谷です。


 


この度は京大木曽川合宿で初ソロに出させていただきました!今回はこれまでを振り返りながら初ソロ体験記を書かせていただきたいと思います。


 


当初僕のガバガバの計画では、1回生のうちに初ソロに出て、今頃には単座でブイブイ言わせちゃるウヘヘなどと思っていたのですが、コロナの影響で合宿も途切れ途切れになり、初ソロの要件を満たす寸前でソロフライトが停止、やっと解禁されたと思ったら次は練習許可証の更新が間に合わず体験搭乗扱いになるなど、計画以上のガバガバっぷりを発揮してきました。


今合宿を前にやっと練許が届き、待望のソロチェックとなりましたが、前回の合宿では大野滑空場でASK13でのフライトだったのとは打って変わり、今回は木曽川滑空場でASK21でのフライトとなりました。場所と機種は違えど、やることは変わらないはずと考えながらチェックに臨みました。


 


チェック1発目:後席山粼教官


このフライトでは、全体的に良い評価をいただけたものの、接地寸前に少し右を向いた機首を修正しなかったことがネックとなり「近いタイミングでもう一回飛ぼう」とのコメントをいただき、即ピストまで行き発航順に有無を言わせず自分の名前を追加しました(良い子は真似しちゃダメだよ!)


 


再チェック1発目:後席山粼教官


ピストの「その代わりちゃんとソロに出てよ」という言葉を胸に刻み飛んだ2発目、離陸も問題なく、少しプラスの出ている中を場周飛行し、理想的なパス角で進入しました。少々オーバースピードでの進入で、フレアの際に機体の持っているエネルギーを探ろうと操縦桿を無駄に動かしていた点を指摘されましたが、無事okをいただきました。


 


再チェック2発目(ダミーブレイク):後席辻埜教官


これまでと同じように、各々の作業を確実に行おうと思いながら迎えました。上空が背風気味で、ウインチがフルスロットルにしても曳航中期から速度が落ちることを把握していたため、それを感知した段階で少し操縦桿を引く力を緩め始めた瞬間、索が離脱する音とともにウインチからのパワーが抜けた感覚が!そのまま操縦桿を前に倒し、滑空姿勢に入れましたが、通常のチェックフライトと思っていたためダミーブレイクの瞬間はかなり驚きました。条件の出ている空を、なかなか高度が落ちないことをもどかしく思いながら高度処理し、無難に着陸して帰ってきました。


 


ソロフライト


ダミーから帰ってきた後、手短に講評を頂き、「行ってらっしゃい」と送り出され機体に乗り込みました。操縦系統や計器の確認を行いキャノピーを閉めた瞬間、自分の手に生死が掛かっている現実を認識し、何故か感慨深くなりました。いつもと同じようにクリア確認を行い、サムアップ。信頼するウインチマンとマイクマンの先輩2人の聞き慣れた声を無線で聞きながら落ち着いて発航しました。


離陸を問題なく終えた後は、いつもと違う地平線の位置に戸惑いながらひたすら普通旋回を行い高度処理を行いました。教官が後席にいないととてつもなく暇に感じるものなんですね笑。場周にエントリーした後は、経路上がずっとプラスで落ちないので痺れを切らして第3旋回前からダイブを開き、肝心の着陸へ。完璧な着陸をしてみせる!!と息巻いていたのですが、トリムを信じきれずに5km/h程の加減速を繰り返したり、弱い横風で少し偏流をとったものの接地前に機首方向を修正するのに手間取って地上滑走で右に逸れてしまったりと悔いの残る着陸となってしまいました。着陸後はソロに出たという感覚もなく、ただただ綺麗な着陸が出来なかったことが悔しかったです。


 


今回は、初ソロが掛かっているということで浮き足立っていたのか、全体的に機体と自分の間にまるで薄い壁があるかのような距離感を感じて、フライトの完成度も総じてあまり良いとは言えない出来となってしまいましたが、次こそはより良いフライトを!と奮起するきっかけにもなりました。


 


とまあここまでは初ソロブログだというのにゴチャゴチャとまるで喜んでいないかのような内容を長々と書き連ねてきましたが、正直めちゃくちゃ嬉しいです笑。また、JA2333で初ソロを飛べたことも嬉しいポイント高めです笑。


その上、今回の合宿では初ソロに加え、ウインチ養成にも本格的に入り、最後の2発では独り曳きも経験することができました。ウインチの発航無線を担当するのはめちゃくちゃ憧れだったのでテンションが上がってしまいました!


 


最後になりましたが、これまで指導してくださった教官方、フライトや学科の相談に乗ってくださった先輩方や、一緒に頑張ってきた同期の皆、飛びたいだろうに文句を言わずにチェックフライトに付き合ってくれた後輩たち、そして勝手に発航順をねじ込んでも許してくれたピストの2人には感謝の言葉しかありません。


これからはさらなる技量の向上を目指し、単座機、ひいては京大の虎の子であるディスカスを乗り回せるよう精進していきたいと思います!




matutani.jpg
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 14:30| Comment(0) | 未分類

2022年05月27日

リト認定&同期の初ソロ









 初めまして、今回初ブログを担当させて頂く2回の松谷です。この度は個人的なことではありますが、先日の京大大野合宿でリトリブ認定を頂いたことをこの場を借りてご報告させていただきます。まだまだ経験も浅く技量も拙いですが、安全かつ効率的な合宿運営の一助となるようこれからもがんばります!


 また、今回の合宿では僕は手違いで練許の更新が間に合わず体験搭乗扱いとなり、教官との同乗フライトのみとなりましたが、同期の鈴木が見事東海関西同期勢一番乗りの初ソロに出ました。とても嬉しく思うとともに、先を越されたことを悔しく思います。次回の合宿で確実にソロに出られるよう地上での準備を整えて合宿に臨もうと思います。




posted by 京都大学体育会グライダー部 at 09:21| Comment(0) | 未分類

京大大野3日目









こんにちは、3回生の大塚陸です。


 


大野合宿3日目は朝から正対風が強く天気も良く、サーマルもできていました。


 


平日の合宿ということでソロなどの成果を残したい人たちを中心に少人数で13単機での訓練となりました。ただ朝から5m前後の正対風が吹いていたためチェックフライトはできたものの、風が強まっていき結局この日はだれもソロには出られませんでした。一方で、風が強い中での着陸の練習や、滞空も何人かできたり、新たに係を取得できた人もいたりと、かなり実りのある1日だったのではないかと思います。


 


自分もソロを狙っているうちの一人だったので、ソロコンディションだったらなと思いましたが、初日や2日目のソロコンディションの時に出れなかった技量不足も実感しましたし、そんな中でもいろんな成果を残している部員たちを見て、ソロの準備はもちろん、係やソロ以外のフライトなどの準備もしっかりして合宿に臨むことで、臨機応変に成果を得ようと強く思えた合宿なので個人的にもとても意味のある合宿でした。1つ1つの合宿、そしてフライトを改めて大事にしていきたいと思います。




posted by 京都大学体育会グライダー部 at 09:20| Comment(0) | 未分類

2022年05月24日

京大大野2日目









はじめまして、一回生の東浦あやです。


合宿2日目は晴れて空が青くて綺麗でした!


 


初フライトから1日経っていましたが、未だにグライダーというものが不思議でした!数秒前には目の前にいたグライダーが今では何百メートルも上にいて、さっきまで地上にいた自分が今では空にいる、ということが不思議で素敵でドキドキしました!!青い空から見る景色は、目が大量にほしいと思うほど、本当に綺麗でした!もっともっと飛びたいです!そして、早く1人で飛べるようになりたいです!!


 


空の上もとても楽しかったですが、地上にいる間も楽しかったです!飛んでるグライダーを見たり、ランウェイワークをしたり、係の仕事を間近に見たりしました!そんななかで、たくさんの人が関わってフライトができていることをひしひしと感じました!全員が目標をもって頑張って、初ソロ(おめでとうございます)のときには全員が喜んで、1年生をたくさん助けてくださって、仲が良くて、素敵な集団に出会えたと思いました!早く一人立ちして私も役に立てるようになりたいです!


 


初めて合宿に来て世界が広がったように感じました!とても幸せでした!楽しかったです!!ありがとうございました!もっと飛びたいです!



posted by 京都大学体育会グライダー部 at 09:13| Comment(0) | 未分類