新入生のみなさま

ご入学おめでとうございます!
ぜひグライダー部の新勧におこしください!
連絡先:glider_shinkan@kugc.jp

2017年3月 七大戦
団体2位でした。
4回中西が個人2位で速度賞を受賞しました。

2017年09月29日

新人戦3日目

山本です。新人戦も3日目となりました。この日で僕は3週目が終わり、競技フライトをすべて終了しました。南向き発航だったり、強風だったりで、フライト面では意識出来ていない点がかなり浮き彫りになりました。中々思い通りに飛ぶことは難しいですがソロも近いのでこの反省を活かして次に進んで行きたいと思います。まだ結果は出ていませんがまだまだな自分の指導を宜しくお願いします。
そういえば福居くんがなんか京都に帰ってたらしいです。福居くんがいなかったため新人戦はなんだか盛り上がりにかけるように思えました。
以下福居くんより
本日は大学にて僕の所属している文学部の専修選択に関するガイダンスがあり、1日間だけ新人戦開催中の木曽川を抜け出し京都に帰りました。たった一時間のガイダンスのために6千円ほどの交通費と4時間ほどの移動時間を捧げるのは割に合わないように思えましたが、私が志望する社会学専修は例年志望者多数で選考が行われるため、ガイダンスに出席しその選考に関する情報を自分の耳で確かめることにお金や時間を惜しむ余地はありませんでした。22時消灯であることを忘れ10時に目を覚ました僕に、なかなか眠れず輾転反側する夜が待っていたのは言うまでもありません。ガイダンスは望み通りの情報を私に与え、40分ほどであっけなく終了しました。お昼は百万遍の某ファーストフード店で宿舎生活では味わえないジャンキーな食事を楽しんでいましたが、その最中に自転車撤退のトラックが襲来したため、慌ててダブルチーズバーガーを胃に詰め込み、自分の自転車を死守しました。実に残念な昼食の終え方でした。ガイダンスを終え部の用を少しこなし、自宅で少々くつろぐと、たちまち木曽川へと旅立たねばならない時刻がやってきました。かくして束の間の娑婆での時間は終わり、再び木曽川ライフが始まりました。

posted by 京都大学体育会グライダー部 at 08:15| Comment(0) | 未分類

2017年09月27日

新人戦2日目

どうも。2回生の山本です。
新人戦も2日目となりました。本日は一日を通して60発程度発航したため、1週目が終わり2週目に差し掛かっていきました。多分3週終了し、3ラウンド全てが成立するのではと予想されます。

昨日今日と1発ずつ自分は競技フライトを行いました。昨日自分は大会1発目の どショートを決め込んでしまいました。基本的なことができてなかったのでかなり悔いの残るフライトとなってしまいました。2発目も課題がいくらか残るフライトとなってしまったので通夜モードに入っています。3週目がまわってくると思うので修正しつつ臨みたいと思います

フライトに関してはイマイチなものとなってしまっていますが、一方で新人戦を楽しんでいます。明日福居くんは学部のガイダンスかなんかで1日だけ京都に帰ってしまいました。京大は一人ぼっちになってしまい明日は心細い1日となりそうですが、福居くんのありがたみを感じていきたいと思います。
それではこの辺で失礼します。
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 07:18| Comment(0) | 未分類

2017年09月25日

第20回新人戦1日目

2回生の福居(本物)です。
本日は第20回新人戦の開会式があり、その後競技がはじまりました。本日前半に行われた慣熟フライトは関東と西部地区の選手だけだったため、久々に乗るグライダーの感覚を慣熟フライトで回復したいなぁと期待していた僕には少々痛手でした。
本日は競技フライトが二十数発でしたが、京大グライダー部の山本、福居共に発行順が回ってきました。
僕のフライトについていえば、科目は直線初期失速と急旋回を選択しましたが、速度のセットや場周判断など基礎的なところでもミスをしてしまい、かなり残念なフライトをしてしまいました。実力を出し切れなかったというより、基礎的な実力と練習量の不足を痛感させられるフライトでした。通夜モードです...
学部のガイダンスのため明日の晩から1日間木曽川を離れることもあり、あと何度飛べるか分かりませんが、次回以降のフライトでは今回の反省を活かし、納得のいくフライトができるようがんばっていきたいです。
image1.JPG
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 21:56| Comment(0) | 大会

2017年09月24日

新人戦集合日

こんばんは。2回生の福居です。

2回生の山本と共に30日まで木曽川滑空場で行われる新人戦に参加しています。今日は集合日でした。久住で出会った仲間たちや初めて会う仲間たちにドキドキしております。自分は病的な人見知りですが頑張りたいと思います。

明日は慣熟フライトが行われる予定ですが、中日に雨が予報されているのでいきなり競技が行われるかもしれません。しっかりと声を出して教官方や先輩方に言われたことを踏まえ頑張りたいと思います。

僕は所用により途中で1日だけ京都に帰りますが頑張りたいと思います。
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 21:44| Comment(1) | 大会

2017年09月14日

9月長野合宿

一回生の佐藤です。
このブログを書かせて頂くのは2回目となります。時が経つのは早いものでもう夏休みも終盤ですね。

9月9.10で長野県まで片道5時間掛けて合宿に行かさせて頂きました。木曽川滑空場しか行った事がない僕としては沢山の新しい発見に出会い非常に新鮮な体験となりました。
学生は自分を合わせて10人いるかいないかでしたが、長野グライダー協会の方々と一緒に訓練をさせて頂きました。
やはり何年、何十年とグライダーに携わってきた方々と一緒に活動すると機体組みも非常にスムーズで長野滑空場ならではのルールもありますが、これからの訓練に向けて教わる事が非常に多かったです。初めて見る機体もあり新鮮でした。
肝心のフライトはというと、山へ逃げ込んだ上昇風やサーマルによるソアリングをし、高度を落とさず何と42分間も滞空する事が出来ました…!
高度が上がってるいるか下がっているかを示すバロメーターがプラスを指している地点を探し、そこを上手く旋回し続け高度を上げるという事を学び小林教官に手伝って頂きながら1000mまで高度も上げる事が出来、
グライダーは落ちるものではなく飛ぶものだという事を心から実感しました。操縦に関してはまだまだでしたので、次回に繋げていこうと思います。

写真に載せましたが小林教官にソアリングについて学科をして頂きましたが、受験以来、久し振りに理系的な頭を使い、如何に効率よく旋回し、揚力を得るべきか学ぶ事ができ嬉しかったです。上手く言えませんが、受験で培った事は無駄じゃなかったんだと感じました…。

機会があれば是非もう一度行きたい合宿でした!動画を載せたかったのですが、通信量的に叶いませんでした。残念。1000m前後からの風景を貼って置きます。圧巻でした。


image1.jpeg

image2.png
image3.jpeg
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 01:58| Comment(0) | 合宿