2018年10月14日

タカギ社有機体験搭乗会1日目

こんにちは。2回生の辻です。
この週末、2回の山田、佐藤、辻の3人と、名大生3人でタカギ株式会社さん社有機の体験搭乗会に行って来ました!
いざ新幹線で北九州へ。ちなみに佐藤は九州初上陸でした。北九州空港に着くと、タカギさんの社有機専用の格納庫がありました。航空写真の会社や消防の格納庫が並ぶ中、事業用ではない格納庫はタカギさんだけです。格納庫にはモーターグライダー、単発機、双発機の3機があり、今回はモーターグライダーと単発機に乗らせていただきました。どの機体もとても新しく、超カッコいいです。
あみだくじで搭乗順を決め、モグラと単発機に分かれていざ搭乗。僕はモグラからでした。スターフライヤーのA320が着陸してきた後にランウェイへ。航空会社の乗り入れる空港での離陸はもちろん初めてです。いわゆる緊張とワクワクが入り交じるってやつです。スロットルを上げて加速し、ふんわり離陸。レフトターンして空港の人工島を背に、どんどん上昇していきます。ピュアグライダーでは味わえない感覚です。
小倉に向かって飛ぶと、すぐ左手に関門海峡が見えました。これが上空からの関門海峡かー!って感じです。ブラタモリで見たやつです。門司港からも海峡の狭さは分かりますが、上空からみてもやっぱり狭くてくねくねしています。北九州工業団地もバッチリ見えます。遊覧飛行しながら、小倉上空で急旋回や失速科目をしました。動力機なので、操縦桿がかなり重いですがちょっとの操作で機体がかなり大きく動きました。
着陸は緊張しました。パス角がどんな感じか全然分からないうえに、フレアの感覚も全然違います。機長さんの言われた通りになんとか操縦しながら、滑走路が無限に長くて広いので、死なずに降りれました。
午後は単発機に。4人乗りで、機長さんと学生3人が乗り込みます。学生全員が前席に座れるように、3回も飛ばせていただきました。スロットルをグーっと上げて離陸。モグラより大きいので迫力が違います。機体はとても新しく、グラスコックピット。オートパイロットも付いていて、実際にオート操縦もしました。機長さんが操縦桿を持っていないのに、入力した通りに機体が旋回したときは、おーっと歓声があがりました。操縦者いらんのちゃうかと思いました。前席にいながらバシバシ写真撮りました。ピュアグライダーとは違い、高度をあまり気にせずに行きたい所に飛べるのはとても新鮮でした。山田が前席のときはレイジーエイトも体験して、後席の名大堤くんと佐藤が完全に酔って死んでました。僕は地上で待っていたので生きてました。
というわけで1日目の体験搭乗は終了。天気にもかなり恵まれ、全員がモグラと単発機に搭乗させていただき、とても満足でした!
本当にありがとうございました。


DSC_0069.JPGDSC_0053.JPGDSC_0057.JPG
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 23:08| Comment(0) | その他

2018年09月26日

アメリカにて


こんにちは。2回の辻です。今回は合宿報告とはちょっと違った投稿。アメリカでグライダーに乗ってきました!
カタコトの英語をなんとか流暢にしたいと思い、この夏アメリカ西海岸のサンタバーバラに短期の語学留学に来ています。この間になんとかグライダーにも乗りたいと思い、週末を使ってポーランド人のルームメイトとサンフランシスコに行くついでにグライダーに乗ってきました。訪れたのは、サンフランシスコから車で2時間半、ホリスターにあるBay Area Glider Ridesさん。広大なステップの真ん中にある小さな飛行場のグライダースクールです。オフィスに入ると、とても温かく歓迎してくれ、日本でグライダーに乗っていると言うとかなり喜んでくれました。
今回はイントロダクションレッスンを申し込みました。もちろんウインチ曳航ではなく、飛行機曳航。去年の福井合宿以来3回目?です。楽しみな気持ちよりも緊張感の方が少しだけ上回ります。日本でASK21に乗っていることを話すと、「ちょうど21あるよ!」ということでASK21に搭乗することになりました。
グライダー経験者ということで、搭乗前の確認は超あっさりでした。日本と違い高度はフィート、速度はノットを使っていることの確認と、飛行機曳航の要領の確認ぐらいです。
というわけでカートでランウェイに移動し、ASK21に乗り込んで索をつなぎ、いざテイクオフ。曳航機と高度、軸線を合わせるように意識しながらゆっくりと上がっていきます。途中若干ふらつくことがあったものの、思ったよりも上手くいきました。さすがに1年以上飛んで来ただけあって、去年の福井合宿の時とは感覚が違います(笑) 4500フィートまで上げてくれました。
索を切り離せばあとは自由です。広大なカリフォルニアの大地をゆっくりと飛び回りました。西にはアメリカ西海岸の海、東は果てしなくステップが続いています。アメリカで飛んで良かったなーと思えた瞬間でした。上空は超静穏。教官とサーマル(こっちではLift)を探したのですが、残念ながら見当たりませんでした。それでも沈下もなかったので、45分ほど飛ぶことができました。
着陸もうまく行き、無事生還。教官からの評価は、曳航時も含めてうまく飛べていたと上々でした。「ログブックを持ってきたか?」と聞かれ、日本に置いてきたと伝えると、アメリカのログブックをくれました。結果オーライです(笑) これでログブック2冊ユーザーになりました。
今回訪れたBay Area Glider Ridesさん、とてもフレンドリーな雰囲気で温かく、かなりおすすめです。ライセンス取得もウェルカムとのことでした。サンフランシスコ周辺を訪れた際はぜひ。
IMG-20180923-WA0024.jpgDSC_3225.JPGDSC_3224.JPGDSC_3393.JPG
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 22:20| Comment(0) | その他

2018年06月23日

講習会&洛風総会

1回生の田中です。

先日楽友会館にて今年度の洛風総会が開催されました。今年は23人のOBの方々が参加してくれました。

洛風総会の前には桐山さんと青合さんが講演をしてくれました。桐山さんは社会人の先輩として様々な業界での経験を、現役の代に向けて話してくれました。また青合さんは社会で生きていく上で必要なことについて話してくださり、お二人の話を聞けたのはとても貴重な体験となりました。

洛風総会ではOB様から洛風会の活動、洛風会の会計報告、現役からは去年どの活動、新歓、会計、今年度の予定について報告が行われました。また内藤一郎杯の授与も行われました。

洛風総会の後には懇談会がひらかれました。OBの方々と世代を越えて話すことができ、親睦を深めることができました。

これからもグライダー部の活動を頑張りたいと思いました。
1529754701541.jpg
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 20:52| Comment(0) | その他

講習会&洛風総会

1回生の田中です。

先日楽友会館にて今年度の洛風総会が開催されました。今年は23人のOBの方々が参加してくれました。

洛風総会の前には桐山さんと青合さんが講演をしてくれました。桐山さんは社会人の先輩として様々な業界での経験を、現役の代に向けて話してくれました。また青合さんは社会で生きていく上で必要なことについて話してくださり、お二人の話を聞けたのはとても貴重な体験となりました。

洛風総会ではOB様から洛風会の活動、洛風会の会計報告、現役からは去年どの活動、新歓、会計、今年度の予定について報告が行われました。また内藤一郎杯の授与も行われました。

洛風総会の後には懇談会がひらかれました。OBの方々と世代を越えて話すことができ、親睦を深めることができました。

これからもグライダー部の活動を頑張りたいと思いました。
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 20:49| Comment(0) | その他

2018年04月29日

体験搭乗?番外編?






お久しぶりです、4回生になった北島です。

今日は体験搭乗のために新入生と京大大野合宿に行ってきました。



今回なんとOB1年目の中井さんにナビをしていただきました。前日の突然なお願いを快く引き受けてくれて感謝です。



新入生3人とともに11時ごろに大野滑空場に着きました。着いてみると風の状況が良くなく風待機になっていました。

せっかくなので新入生に108や333をゆっくり説明したり実際に乗ってもらって楽しんでもらいました。。グライダーと風について説明したり、ハウトレを見せたりして時間を繋ぎながら飛べるコンディションになるのを待っていました。



しかしここで自分がお腹が空いたので、風の機嫌が良くなってることを祈りながらお昼ごはんに行きました。





滑空場に帰ってくるとピス交最中でした。風が落ち着いたのかと思いきやそんなことはなく、横風成分が強くなかなか飛べない状況でした。残念。



のんびり待っていると、2時半くらい風が弱まり飛べるときが!3人がほぼ連続でぽんぽんぽんと飛べました。みんなグライダーの加速感や景色の良さに大興奮でした。楽しんでもらえたようでとても嬉しかったです。

入部してくれたらいいなぁ。





最後になりましたが、発数をいただいたOGCの皆様、体験搭乗をしていただいた京大教官の小林教官と山粼教官などの教官の方々、京大合宿に外参してくれた方々、ご協力ありがとうございました。




20ADA88D-41A4-453C-93A4-65B975B61971.jpeg
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 02:01| Comment(0) | その他