2023年03月11日

全国大会DAY4 part2

全国大会4日目

ブログを書くのは久しぶりです。1回生の中嶋です。大会4日目ですが昨日からクルーとして参加しています。

昨日と同じく逆転層がありトップが低そうな様子。競技開始からどの大学も粘りはするものの500m付近で頭打ち。朝は放射冷却で寒かったしなぁと思いながらランウェイワークをこなしお腹も空いてきたお昼12時、状況が変化します。京大のエース森選手が水門付近の強いサーマルを掴んでぐんぐん昇っていくじゃありませんか。高く上がっていく京大21にあわせて今日初得点の期待も高まります。南に飛び去っていった方向をじっと見ていると、千代田クリアの無線。テンションが上がるというより何故だかホッとしてました。

これを皮切りに他大も周回フライトをしていくのですが、そこでグライダーの競技としての部分を初めて目の当たりにしました。他機とのセパレーションやガイドライン高度に気を配りながら効率よく高度を上げ、周回する。考慮する要素の多さと求められる技量の高さを考えるとゾッとしますが、戦術を張り巡らせてタスクを攻略していくのはとても面白そうで行く行くは選手として出場したいなという思いが強まりました。

残り2日と佳境に入っていきますが、選手が気持ちよく飛べるようランウェイワークに励み、グライダー競技を味わって今後に生かそうと思います。

17773835227615.jpg
大工discusと東大LS、ただただカッコイイ
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 11:25| Comment(0) | 大会

全国大会DAY4 part1

全国のパラのからみ直すの難しくて毎回焦りがち。

どうもこんばんは、3回生の岸本航一です!僕は全国大会のday3(3月8日)から参戦しています。これは本日day4、3月9日のブログになります

今日は昨日と同じく朝から晴れ、サーマルはできあがっていない様子でした。そんな中、11時58分に京大2発目として飛んだ森さんが今日初めての1ポイント千代田をクリアしました。まさにファーストペンギン。得点は134点でした。その後周回する機体が出てくるも、京大は得点を伸ばせず。現在の結果は団体5位で、3位とは12P差、2位とは167P差となっています。

今日は立命や大工教官ズが来ていたりしてとてもにぎやかでした。色々な方が応援しに来てくださるので選手・クルー共に勇気づけられています!
差し入れも多種多様なものがあり、ありがたい限りです。
大会は3/11まで続くので是非応援お願いします!

また今日はマシュマロ焼きもしました!宿舎でBBQみたいに火が起こせる場所があるっていいですね。

他校の3回生とも交流し、知り合いが増えました。とても楽しかったです。関東・九州それぞれの話が聴けて良かったです。

明日も波瀾万丈の一日になりそうです。森西さんの周回を願って眠りにつこうと思います。

次ははるか昔に思える七大戦のブログか、3月大工京大大野合宿のブログかでお会いしましょう。
それではまた。

IMG_7228.jpeg

IMG_7229.jpeg
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 11:21| Comment(0) | 大会

2023年02月28日

七大戦2日目









ご無沙汰しております。1回武井です。




私が初めて関宿の地に立ったのは競技日2日目のことでした。ランウェイの土手上からはスカイツリーや富士山がはっきりと見えるほどの澄み切った空気。各大学機体を組み始め、それぞれの自慢の機体を間近で見ると前日夜入りしワクワクしていた気持ちが徐々に高まっていきました。

が、なんとこの日は文字通り「爆風」。非常に強い風がビュンビュン絶え間なく吹き、ときには体がよろめいてしまうほど。自然の力に足掻くことすら出来ず、本日は競技中止という結論になってしまいました。

これで終わらないのが七大戦。親睦を深めるという目的で午後には大学対抗ボーリング大会が行われました(笑)。京大からの出場選手ははじめこそボロボロでしたが、皆着々と成長して一人前のプロボウラーへと進化を遂げていきました。しかし反撃遅く、1位の座を東大に譲ってしまいました。いやぁ、完敗。これはグライダーでぎゃふんと言わせるしかないという気持ちになりました。

何はともあれ楽しく終わった一日。他大学との仲も深まり十分にリフレッシュすることができました。めでたしめでたし。

なお、ボーリング大会で一番楽しんでいたのは辻井さんだったのはここだけの内緒にしておきます。

最後になりますが、毎日本当に多くのOBや学生のご家族の方々に応援して頂いています。さらにおいしいお土産まで、、、学生一同感謝しています。ありがとうございます。支えて頂いていることを忘れることなく真摯に活動に取りんで参ります。





Image.jpeg
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 09:55| Comment(0) | 大会

七大戦1日目









こんにちは!1回の東浦です!この度七大戦に参加させていただきましたのでその様子をご報告します!



1日目(開会式)

午前中にハウトレをランウェイに移した後、開会式のために来てくださった山粼教官にめっちゃ美味しいお昼ご飯を食べさせていただきました!滑空場に戻ると、OB、OGさんたちがいらっしゃっていて、それだけでもとても嬉しかったのに、さらに差し入れまでしてくださりました!直接お会いしてお話できて、すごく楽しかったです!

ありがとうございました!!OB、OGさんの存在の大きさを実感した1日目でした!




2日目(慣熟日)

この日は京大教官がいらっしゃらないため、チェックフライトは無理かと思っていましたが、直前にルールが変更され、複座なら他大の教官でも可になり、京大も飛べることになりました!!名大の教官に乗っていただいて、ついに333が関宿の空を飛びました!!しかし3発目ぐらいに333のVHFが不調になり、修復を試みましたが、この日中には回復できませんでした(涙)。。。

私はクルーフライトとして阪大の380に乗せていただきました!初ソロ前の私は場周のことで頭がいっぱいで、遠くの旋回点を見ることはできず、江戸川ニセ橋の認識がやっとでした、、しかし、初めての関宿で、教官の助言のもとですが場周判断を正確に行えたし、フレアも最近の中で1番の出来だったので良かったです!

全国の大学に会えて楽しかったです!各大学の個性が非常に面白かったです!北の方の大学はバギー飛ばしがち説を唱えてたんですが、阪大も飛ばしてたのでなんとも言えないです笑。

たくさん助けていただいた他大の方々、ありがとうございました!慣熟日は他大との繋がりの大切さを痛感しました!

(余談ですが、1日目はちょうど私の誕生日で、たくさんの人が祝ってくれて、私の好きなご飯やケーキやお菓子を食べさせてくださって、めっちゃ幸せでした!ありがとうございました!)


七大戦に参加するという貴重な機会に恵まれて幸運でした!グライダーという競技は規模が大きすぎてめっちゃわくわくしたし、色んな人に会えたし、刺激的な時間でした!!私も数年後には選手として333やdiscusを自在に操ってサーマルを捕まえて飛び回りたいです!








posted by 京都大学体育会グライダー部 at 09:53| Comment(0) | 大会

2022年11月22日

東海関西競技会〜動力話〜









競技会でウィンチを引いていた話



こんにちは。3回の坂本です。

先日の東海関西競技会で、ウィンチマンをしておりました。本来なら来年の全国大会出場に向け、選手として参加するべきなのですが、いかんせん大学の講義をサボるわけにもいかず、全日参加できる人を選手にという判断でクルー参加になりました。

特に印象的だったのは、競技会ということで東海関西の大学からエースが集まっていることもあり、ランウェイワーク、搭乗準備が非常にスピーディーだったことです。機体の数が普段の訓練より多いということもあり、さらに条件が出ずにバッタを繰り返すのも重なって、ひっきりなしに曳航が続くウィンチマン泣かせの日々でした。

ウィンチマンは自分と4回生で選手の森さんしかおらず、ちょうど条件が出る時間がお昼ごろというのも相まって膝の上にお弁当を抱えて昼食をちょっとずつ取りながらのウィンチ業務でした。


来年はいろんな大学からウィンチマンが派遣されると良いなと期待しています。





お久しぶりです、2回の松谷です。今回は東海関西競技会にリトリブ係として参加しました!
 競技会は1発1発が勝負に関わる大事なフライト、リトリブがモタモタして発航効率を下げ、競技の邪魔をするわけにはいかないと意気込んでいたのですが、バッタの際にはリトを降りる暇も無くずっとウインチ側とピスト側を往復するという鍛錬が待っていました(※昼休憩無し)。実はリト認定を取得していたと競技会中に告白してくれた名大の井岡と、選手にも関わらずリトを交代してくれた4回の堀内さんがいなければどうなっていたことか分かりません。

 6日間のリト作業を終えた時にはとてつもない達成感を感じました。来年はこの達成感を是非後輩にも味わってもらいたいと思います。





posted by 京都大学体育会グライダー部 at 10:29| Comment(0) | 大会