2019年09月10日

新人戦 3日目

こんにちは、二回生の辻井です。昨日は疲れ果てて寝てしまいました。ので今大野滑空場近くのぬくいの湯からブログを書いています。

昨日は新人戦3日目。3日連続でわけわからないくらいの晴れで、めちゃめちゃ暑かったです。そして台風の影響で午前は弱い西風、昼休憩をはさんで夕方にかけてはその西風が3メートル近くまで強まりました。この日は、この横風にいかに対応できるかが問われる競技フライトになりました。4時半頃のフライトでウインチトラブルでこの日は競技終了となりました。総発数は46発だったと思います。競技が一周するまでは残り13発となりました。

個人的には、この日3回目の競技フライト(ASK13)がありました。最近はASK23ばかり乗っていたので、久住山岳滑翔大会以来の13です。といっても12日ぶりくらいですね。
横風上昇は、ラダーをしっかり踏まなければならず、普段と違う姿勢を維持しなければならないので苦手なのですが、この日もラダーをかなり奥まで踏み込んだつもりでも後期上昇にさしかかったあたりで横に引っ張られ、機首がかなりブレてしまいました。今後も要練習ですね。高度はそれなりに取れたのでいつも通り最初にクリアリングターン。そこで、横風上昇の緊張からか、離脱高度を無線で報告したかどうかを忘れてしまい、念のため再報告しました。降りてから教官に聞くとちゃんと離脱直後に報告してたみたいです。焦っている印象を教官に与えてしまったのは少しマイナスですね。

ASK13でしたがすべることなく課目はこなせました。しかし急旋回は今回もピッチのブレがあったので一定のレートで旋回することはできませんでした。要練習ですね。

場周エントリーは今回は余裕を持った高度とポジションで入ることができました。しかしベースにさしかかり、普段どおりダイブを開いてある程度余った高度を落としたつもりが、高度やパス角のチェックを欠いたまま落としすぎたことで、ファイナルのパス角が普段よりかなり低くなっていたようです。僕はパニックにはなりませんでしたが、逆に何も考えていなかったようで、その状態に何の疑問も抱くことなく、普段よりかなり手前の位置にエイミングポイントをとったまま、偏流をとってアプローチ。最後にラダーで機軸をランウェイに合わせ、クラブ方に移行しようとしたのですが、エルロン操作が足りず、クラブ方と逆の向きに機体が傾いたままに。その状態をなんとか直そうとしているうちにフレアが遅れ、ドン着気味のショートになってしまいました。

反省としては、普通の着陸時のチェック項目が最近疎かになっている上に、あまり慣れていない横風着陸に意識が向いてしまったことで、ボロボロになってしまったのだと思います。

次回からは、これまでの自分の失敗とその防止策をフライトノートを見て振り返り、イメージフライトでそれらのチェックを忘れずにする練習をして臨む所存です。
ベースを飛んでいる時には、パスや高度をチェックしながら最低限の高度処理をすること、エイミングポイントは、風や機体に応じた位置を、地上にいるうちに決めておくこと、侵入速度はぴったり守ること、フレアはかなり余裕を持った位置から開始すること。これらが今回のフライトで抜けていたと感じたことです。

次の日でとりあえず3ラウンドの競技フライトが終了します。もしかしたら競技フライトが追加でいくつか増えるかもしれません。1度もいつも通りの着陸が出来なかったことは不甲斐ないですが、これも最近あまり考えずに飛んでいたことが裏目に出ているのだと思います。たまたま上手に飛べるのではなく、色々な項目を常に客観的にチェックして、正しい状態との差を修正していくような飛び方を、どんなフライトでも出来るようにする必要があると感じました。関東の上手な選手はそこに長けているから、安定した離着陸ができているのだと思います。

次のフライトでは、地上でもっとイメージフライトを厳密に行った上で、大事なチェック項目をすっぽかすことのないような操縦を行います。

本当に悔しいです……。操縦技術の波を早く無くしたいですね。
image1.jpeg
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 16:45| Comment(0) | 大会

2019年09月08日

新人戦 2日目

こんにちは、二回生の辻井です。毎日飛べるのは喜ばしい限りですが、暑いっす。明日37度らしいんで、ちょっと命の危機です。

今日は終日快晴でした。朝のうちは北向き発航、昼前から南向き発航で競技が行われました。しかし台風の影響でいつものような南風は吹かず、地上では終日ほぼ無風でした。それゆえ離脱高度は300m台にとどまり、課目の選択や経路計画、場周判断の実力が試される一日となりました。
また、今日は暑かったので昼は宿舎に戻り2時間ほど休憩がとられました。でも午後の方が暑かったです。

個人的には、2回目の21でのフライトが回ってきました。離陸、課目、場周エントリーまではよかったのですが、いつも高めに入っているエントリーに少しだけ低めに入ってしまったことで、不必要に狭い場周経路を描いてしまい、そのまま全体が崩れたままメチャクチャの着陸をしてしまいました。このパターンの失敗は最近していなかったので、今回のフライトでいい勉強になりました。

明日は僕の愛機、JA2151に乗れると思うので、昨日今日の反省を活かしつつ、終始ピッタリ決まったいつも通りのフライトをして第1ラウンドを締めたいと思います!


昨夜の宿舎の様子です


本日の僕のやらかし(引き起こし遅れて超低空フレア)
image1.jpegimage2.png
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 23:06| Comment(0) | 大会

2019年09月07日

新人戦 1日目

こんにちは、二回生の辻井です。
どうやら予報が変わって、新人戦が1週間通して競技可能になりそうな天気になってきました。日頃の練習を見直すとともに、技量を向上させるいい機会になりそうですね。疲れそうですけど。

さて、今日は機体を組んだ後、開会式に移りました。選手宣誓をやってみましたが、セリフなど全部自分で考えるらしく、めちゃ緊張しました。1回目は無難なことを考えて教官方にみてもらったところ、おもんない、と言われたので少しカッコつけてみました。「宣誓、私たちは、木曽川の青い空の下、静かな風と心を1つにすること、そしてエアマンシップに則り、安全第一の原則のもと正々堂々と競技することを誓います。」
はずかしい。

その後11:00過ぎから他地区の人の慣熟フライトが始まりました。南風だったのでまずピス交してから発航開始です。多くの選手が13に苦戦してたようです。

そして15時頃からはいよいよ競技フライト開始です。僕は今日ここでASK21での発航巡が回ってきました。上昇、離脱はまずまずだったのですが、上空操作はいつもの通り細かいところがブレブレで、あまりカチッと決まらないフライトでした……。舵も途中から少し荒くなりました。着陸はフレア直前まではなんとかうまくいったのですが、ダイブをあまり開いていなかったためフレアが伸び、最後に少し浮いてしまい綺麗な接地にはなりませんでした。基本的にフレア時にはダイブをある程度開く癖を身に付けたいと思いました。

明日も競技できそうなので、何事も基本に返って、ひとつひとつ自分の課題をこなしていきたいと思います。とりあえず今は地平線を見ること、荒い舵を使わないことです。



image1.jpeg
宣誓の練習をする僕に草を投げる同志社二回磐前

image2.jpeg
image3.jpeg
宣誓の練習シリーズ


image4.jpeg

image5.jpeg

昼休憩
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 22:46| Comment(0) | 大会

新人戦 1日目

こんにちは、二回生の辻井です。
どうやら予報が変わって、新人戦が1週間通して競技可能になりそうな天気になってきました。日頃の練習を見直すとともに、技量を向上させるいい機会になりそうですね。疲れそうですけど。

さて、今日は機体を組んだ後、開会式に移りました。選手宣誓をやってみましたが、セリフなど全部自分で考えるらしく、めちゃ緊張しました。1回目は無難なことを考えて教官方にみてもらったところ、おもんない、と言われたので少しカッコつけてみました。「宣誓、私たちは、木曽川の青い空の下、静かな風と心を1つにすること、そしてエアマンシップに則り、安全第一の原則のもと正々堂々と競技することを誓います。」
はずかしい。

その後11:00過ぎから他地区の人の慣熟フライトが始まりました。南風だったのでまずピス交してから発航開始です。多くの選手が13に苦戦してたようです。

そして15時頃からはいよいよ競技フライト開始です。僕は今日ここでASK21での発航巡が回ってきました。上昇、離脱はまずまずだったのですが、上空操作はいつもの通り細かいところがブレブレで、あまりカチッと決まらないフライトでした……。舵も途中から少し荒くなりました。着陸はフレア直前まではなんとかうまくいったのですが、ダイブをあまり開いていなかったためフレアが伸び、最後に少し浮いてしまい綺麗な接地にはなりませんでした。基本的にフレア時にはダイブをある程度開く癖を身に付けたいと思いました。

明日も競技できそうなので、何事も基本に返って、ひとつひとつ自分の課題をこなしていきたいと思います。とりあえず今は地平線を見ること、荒い舵を使わないことです。
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 22:41| Comment(0) | 大会

2019年09月06日

新人戦 集合日

こんにちは、二回生の辻井です。
昨日まで、ちょっと京都に戻った隙を見てバイトしまくって、死ぬかと思いました。
それでも9月分の合宿費は足りそうにありません。

今年度の新人戦は9/7〜13、木曽川滑空場で開催されます。京都大学からは私、辻井駿佑のみが出場します。

今日は集合日。京大3回の山田さんが今回サブピストのため、一緒にプリウスで昼前に宿舎入りしました。その後は関東からものすごい数(20人くらい?)の選手が来て、今日まで合宿をしていた同志社立命の学生もあいまって宿舎は人で溢れかえっておりました。

また今日来た人の中には久住で仲良くなった他地区の人も何人かおり、なんかたのしかったです。

明日は開会式と関東、西部の選手の慣熟フライトです。ランウェイで色々こちらの滑空場や機体のことを話しつつ、仲良くなれたらなと思います!

靴多すぎい。
image1.jpeg
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 22:10| Comment(0) | 大会