2017年08月18日

京大KG木曽川合宿 6日目

こんにちは。1回生の松永です。合宿は6日目から、通算で2回目の参加になります。

前の日は総発数が3発だったときいていたので朝から訓練ができるか心配でしたが、問題なく訓練を始めることができました。午前中はくもりで夏のわりには涼しかったです。かわりに湿度がかなり高く、体力は奪われました。上空では地平線がぼんやりとしていて、雲が近くで綺麗でした。
午後は晴れて強い日差しがさす中での訓練でした。まだ安定して直線操縦ができないので、まわりの景色とグライダーの位置関係をしっかり覚えて速度を保てるようになりたいです。

夜は"おめでたい会"をしました。合宿中に初ソロや初Discusだったおめでたい人ややらかした人をみんなでお祝い!今日きたのにいいのか?と戸惑いつつもコストコのピザやティラミスをいただきました。

夏はまだまだ続きます。暑さに負けずがんばりましょう!
image1.JPGimage2.JPGimage3.JPG
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 15:27| Comment(0) | 合宿

2017年08月16日

京大KG木曽川合宿 5日目

こんばんは。1回生の辻です。
木曽川1週間合宿も終盤に入り、5日目が終了しました。
明け方に雨が降り、午前中は宿舎で待機。安全性に関する学科を行いました。スピンの初動や回復の仕方などまだまだ知らないことだらけでした。
午後からはランウェイに出ることになりましたが、なんとも雲底が微妙…。機体組みなどの準備が今回の合宿中一番早く終わり、1発目が飛び立ちましたが、やはり雲が低いということで待機することに。しばらくしてから訓練が再開され、3発目に搭乗することになりました。しかも初めてのASK21の搭乗!
いつも通りウインチで上がっていくと思ったより近くに雲が…。グライダーからあれほど近くに雲を見たのは初めてでした。少し低めで上昇を止め、科目を始めました。ASK13に比べ、ASK21の方が直線や旋回などの操縦がしやすい感覚でした。
僕のフライトの後も雲底待機となりましたが、天気の回復が見込めず、結局撤収することに。総発数3発の中で飛ばせてもらえたのはとてもラッキーでした。
天気の悪い日が続いているので明日ぐらいは晴れて欲しいところです。
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 22:47| Comment(0) | 合宿

京大KG木曽川合宿 4日目

更新遅れて申し訳ありません。
はじめまして。一回生の山田です。
今日は朝から雨が降り、残念ながらノーフライトとなりました。午前は宿舎の掃除を行った後、刈谷教官に学科をしていただきました。ここで身につけた知識を実際にグライダーに乗るときに生かしていきたいです。午後は宮地教官から宿舎外に出る許可をいただいたので、水晶の湯という温泉にいきました。露天風呂にアヒルがたくさんいました。3日間の訓練でたまっていた疲れを癒すことができました。次の日の訓練からまた気を引き締めていきたいです。
IMG_2194.GIF
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 22:06| Comment(0) | 合宿

2017年08月14日

京大KG木曽川合宿 3日目

こんばんは、2回生の福居です。

本日は基本的に曇りの時間が多く、この季節にしてはさほど暑くない気温で訓練ができました。
ピス交はありましたが、風も安定していて何名かの先輩がソロに出てました。
僕も4発も発数を回してもらいましたが、基本的な操作で至らないところがまだまだあると思い知らされました。これからもがんばります。

それはそうと、今日は近辺で花火大会があり、宿舎から花火を見ることができたり、冷蔵庫のスイカを食したりと、夏らしさが散りばめられた一日でもありました。ちなみに筆者はどちらも体験できませんでした。悲しい...

余談ですが、京大グライダー部はインスタグラムを始めました。オシャレ女子の巣窟で、はし給の写真をアップし続けています笑
image1.JPGimage2.JPGimage3.JPG
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 21:38| Comment(0) | 合宿

2017年08月13日

京大KG木曽川合宿 2日目

こんにちは。1回生の辻です。
木曽川1週間合宿の2日目が終了しました。
午前は初めての宿当。午後からランウェイに出ました。風がやや背風でピス交も考えられましたが、ピス交せずに訓練を開始することに。2回目の合宿だったのでランウェイでの仕事を思いがしながらの訓練でした。
今日は上回生の登場回数が多かったので1回生は1本だけでした。いつも通り7分ぐらいのフライトかなと思って上昇すると、なんと先に上がった299が上空でソアリング中。山崎教官がその299の下に入ってくれましたが、なかなか上がりません。上がりも下がりもしない状況が数分続き、もうダメかなと思い始めた時、少し移動したところで山崎教官がサーマルを見つけ、昇降計が+1に振れ始めました。私にとっては初めてのソアリングだったので、感動しました。ソアリング中はバンク角を維持する練習をしました。何個かサーマルを乗り継ぎ、気づけば高度は700メートル以上に。初めて木曽川の西側にも行き、直線、旋回の練習を行いました。30分以上が経過し、ピストからそろそろ帰ってこいとの指示が…。まだまだ高度があったので、高度を落とすために、失速からの回復を初めて体験。それでもなかなか高度が落ちなかったので、仕方なくダイブブレーキで高度を落とし、場周することになりました。
飛行時間は39分!グライダーの醍醐味であるソアリングを初めて経験できました。木曽川で滞空できるのは珍しいということなので、とてもラッキーでした。早く自分でもソアリングできるよう、どんどん技術と知識を身につけていきたいと思います。
1502632145179.jpg1502620216113.jpg
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 22:49| Comment(0) | 合宿