2019年08月27日

京大立命大野合宿 最終日

こんばんは、京大1回の好川と堀内です。
本日は撤収日にもかかわらず、総発数52発と大変充実した訓練となりました。そんな中、無事一人立ちを果たした1回生2名で本日のブログもお送りします。

1回生の好川です。今合宿のブログは一人立ちした一回生が書く、ということで私好川も晴れて一人立ちすることが出来ました!予定が合わず参加できなかった木曽川1週間合宿のこともあり、周りとの遅れを取り戻すためにも今合宿で一人立ちしよう考えていたので目標を達成できて非常によかったです。今合宿は私以外にもたくさんの京大グライダー部1回生が一人立ち認定をもらうこととなり、結果的に9人の1回生のうち6人が一人立ちする結果となりました!

さて、そんな一人立ちラッシュの合宿だったわけですがここからはフライトについて書きたいと思います。私好川は今日2発飛ぶことができました。しかし飛行時に操縦桿を握る手に力が入りすぎていたり、直線飛行時のバンク修正が遅かったりとまだまだ課題が山積みな合宿となりました。

私堀内は、今回の合宿は訓練参加が2日のみの計2発でした。2回とも力んでしまい、成長が見られずとても悔しいです。私は先日マニュアル免許を取得し、この合宿でドライバー養成して頂いているのですが、車の運転も同様に、なかなか肩の力を抜く事が出来ていません。グライダーも自動車も自分の友だと思い、しかし一歩間違えれば人命に関わるのだ、という意識を持って、経験を積んでいきたいと思います。また、グライダーはもっと学科の知識を深め、次の合宿1発目に成長を感じられるように励みます。

また、本日は京大グライダー部部長で京都大学防災研究所教授でいらっしゃる丸山敬先生が、同期のOB3名と共に体験搭乗に来てくださいました!現役引退以来の35年ぶりに空を飛んだ方もおり、このような記念すべき瞬間に私達もランウェイワークで携わる事が出来、光栄でした!今後ともご指導の程宜しくお願いします。

そして、共に合宿を行った立命館大学では初ディスカスの先輩方が2名いらっしゃいました。その勇姿を見て、私達も早くディスカスを飛ばせるようになりたいと、一同また決意を新たにしました。

こうして合宿も今日で終わりとなったわけですが、1回生の多くが一人立ちというチェックポイントを通過したわけでこれからはまた初ソロという新たな目標に向けてこれからの合宿も頑張っていく所存です。学生、教官方ご協力ありがとうございました。

合宿風景_190827_0001.jpg
立命京大合宿集合写真.jpg
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 00:49| Comment(0) | 合宿

2019年08月25日

京大立命大野合宿 3日目

> 一回の佐藤有造です。ブログを書くのは二回目です。今日は私と同じく一回の小林が独り立ちしましたので二人合同で書かせていただきます。

天候には恵まれて晴れていました。条件も揃い、かなり強いサーマルが出ていた時もあり、いい訓練の機会になったと思います。現に私も20分飛べて、旋回の練習が思う存分にできて満足です。総発数は28発、途中の索切れの修理に時間がかかってしまいあまり発数が伸びなかったのが少し残念でした。

ところで先程述べた通り、私佐藤は今日独り立ちしました。今までの合宿では先輩に子としてついていき、様々な作業を指導していただきましたが、これでやっとランウェイでの仕事を全て一人でできることを喜ばしく思っております。しかしそれと同時に、これからは全ての行動に責任を負わなければならないという責任も感じております。今まで私を指導してくださった先輩方にこの場を借りてお礼をさせて頂きまたいと思います。ありがとうございます。

僕小林も独り立ちしました。まずは、全くの無知であった私を色々と手取り足取り教えて頂いた先輩方、教官方、ありがとうございました。独り立ちとは言ってもまだまだ半人前なので、これからも勉強や練習を重ね、立派なグライダー乗りになりたいです。

最後に今日は残念ながら飛べなかったディスカスの写真を添えて終わりにさせていただきます。
image1.jpeg
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 21:20| Comment(0) | 合宿

2019年08月23日

京大立命大野合宿 2日目

こんにちは、京大一回生の好川です。
今日は京大立命合宿2日目でしたが天候は生憎の雨。飛びたい気持ちはやまやまでしたが、天候の問題なので仕方ありません。雨の日には雨の日に出来ることを!というわけで午前中は学科を行うことになりました。
学科ではまず飛べない理由を全員で話し合いました。私としては雨が最大の理由なのだろうと予想していましたが、実際にはそれは大まかな理由でしかなく1番の原因は視程不足であるということから自身の勉強不足をつくづく実感しました。
次に今回の大野合宿において特に重要な部門の一つであるウインチ曳航について過去の事故例などを用いてウインチ曳航における注意事項や安全性についての勉強を行いました。
そういった勉強も午前で終わり、合宿では雨と鞭が大切!ということで午後からは初日の疲れを癒すことを兼ねて近くの温泉に行ってきました。初日の疲れを癒すことができ、明日以降も頑張れそうです!

合宿ももう残り2日!1回生は当分は一人立ちを目標に1日1日を大切に過ごしていきたいと思います。
image1.jpeg
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 22:12| Comment(0) | 合宿

2019年08月22日

京大立命大野合宿 1日目

こんにちは、京大一回の森と丹下です。
今日は天気が危ぶまれましたが、ふたを開けてみると雨は降りませんでした。しかし、雲待機、2回のピス交があり発数は40発とあまり伸びませんでした。
今日のブログは一人立ちした一回生が書くことになっていたのですが、二人一人立ちしたので、連名で書くことにしました。
まだまだなにも出来ない半人前ですが始めのチェックポイントをクリアできたこと嬉しく思うと共に、これからは責任がますます重くなっていくので慎重に、かつ効率的に訓練が行えるよう精進していきたいと思います。
これまで養成してくださった先輩の皆様、ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。
ここからはフライト編です。
私丹下は、2発飛ぶことができました。旋回の時に無駄なちからが入りエレベータを前に倒してしまう癖が一発目に発覚しましたが、星野さんのアドバイスを実践に活かし、操縦桿を握るのではなく当てるようにしたところ、二発目では、改善することができました。このように、一つ一つ着実にできないことをできるようにすることが上達への近道だと、誰かがおっしゃっていました。
僕、森は前回の木曽川合宿で指摘していただいた体に力が入っている。操縦桿を握りしめないということを気をつけて飛びました。力を抜くと操縦桿を小さく動かせて無駄に大きな梶を打たず少しふらふら操縦から進歩できました(無風て飛びやすかっただけかもしれませんが)。
KIMG0045.JPGKIMG0049.JPGKIMG0063_16_BURST1000063.JPG
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 20:36| Comment(0) | 合宿

2019年08月14日

京大KG木曽川合宿 最終日

こんばんは、今回の合宿でサブピを務めました、二回生の辻井です。
実は8/3から毎日外参の日々が続いており、今日でグライダー生活は12日目になります。

さて今日の訓練ですが、台風の接近により、予定を2日早く切り上げて今日で総撤収することにしました。少し雲が多いとはいえ、朝のうちはまだ風が弱かったので数発ほど北向きで飛ばしました。しかし途中から滞空する機体が出始めます。天気が変わる予感。直後に急激に南東風が強まり、撤収となりました。総発数は6発でした。

今合宿を振り返ると、今日以外は概ね快晴で、一回生は何度もランウェイワークの練習、上回生は新人戦練習やソロに向けた練習など、時間を有意義に使えた合宿だったと思います。特に一回生の成長ぶりはめざましく、多くの子が一人立ちリーチまで来ています。ぜひ次の合宿でひとり立ちしてもらい、戦力となってもらいたいですね。

上回生については、以下のような成果がありました。
辻(3回)・7thソロ
山田(3回)・3rdソロ
辻井(2回)・14thソロ、初単座(ASK23)

今合宿では、慶応義塾大学からの外参も3人ありました。東海関西とは文化が大きく異なり、いい交流になったとともに、お互い刺激になったとおもいます。

また、2、3回生が中心となった合宿だったためか様々なトラブルがありました。しかし、その共通の原因は何か、そして繰り返さないためにどうしたらいいか、考え学ぶ良い機会になりました。上回生として、安全そして合宿運営のための責任の重さを感じました。

そういえば私は初ASK23に乗りました。ですが、出発とともにラダーから足が離れ、そこから終始焦り気味だったため離脱は300mになってしまい、楽しむ余裕はありませんでした。でも今までに経験がないほどフワフワと空気の上下動に身を任せているような乗り心地でしたので、早く慣れて楽しみたいなと思いました。

また、今合宿にてASK13の機体係の認定をいただきました。今後は自分の責任で、安全に的確に効率的に、運航の手伝い、機体の管理をしたいと思います。学生、教官方、ご協力ありがとうございました。
image2.jpegimage1.jpegimage3.jpeg
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 22:32| Comment(0) | 合宿