2017年07月19日

機体係講習会


こんばんは、2回生の福居です。
少し遅くなりましたが8/15,16に木曽川で行われた機体係講習会の報告です。

集合日の14日は、宿舎に到着後2時間程度の機体係一般に関する学科を受けました。2年目でありながら知らなかったことも多く、いろいろと勉強になりました。


1日目は午前から実習を行いました。
工具についての説明を一通り受けた後、
まずはじめに、ワイヤーのテンションの測り方とターンバックルの固定の仕方を学びました。難しそうでしたが、実際にやってみると少し面白かったです。
次に、安全線(セーフティ)と割りピンの使い方を習いました。セーフティは何度か挑戦しましたがなかなか理想的な状態を作ることが出来ませんでした。もっと練習をしたかったんですが、親指の皮がすり減っていたので諦めました...
その後は、格納庫のASK13(JA2151)を実際に見たり触ったりしながら機体の構造などの説明を受けました。まだまだ知らないことが多いということを感じさせられました。
実習の後は、機体の組み立て・分解の動画を見ながら、その解説をして頂きました。機体を組む際の注意点などは次回以降しっかり心掛けたいと思います。
座学と夕食を挟んだ後、再び実習として機体の修理の際に用いるスカーフジョイントを学びました。簡単に言うと3片の木材を接着面が平らになるように斜めにノミで削るだけなのですが、この作業が想像以上に難しかったです。
この実習の続きは翌日に持ち越しになりました。


2日目は、まず前日の実習の続きを行いました。
ノミの使い方に苦戦しながらも削り上げた木材の接着面は平面とは程遠いもので、これは失敗するだろうなと思いつつも、それらの木材を接着剤で接着し、数時間待ちました。作品(?)の完成を待ちつつ、機体の運用に必要な書類や合宿中の行動(ハンドリングや係留など)についての学科を受けました。その後、講習会の学びを確認するためのテストを受けました。(といっても、無記名で採点もない良心的なテストでしたが)
テストの後は、先ほどの実習作品の出来を確認しました。
予想とは裏腹に僕の削った3片の木材は力を加えてもびくともしないくらいシッカリくっついていて、接着剤の凄さを思い知らされました。


そうして2日間の講習会も無事に終えることが出来ました。
参加者は大半が1回生で、同回が少なくすこし寂しくはありましたが、2回生だからこそ吸収できたことも少なくないと思います。
この学びを次回以降の合宿で活かしていきたいです。
image1.JPGimage2.JPGimage3.JPG
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 22:50| Comment(0) | 未分類

2017年07月18日

長野3日目

こんにちは、3回生の岡本です。
月曜日は風が吹くことが期待され滞空できるだろうということだったので
朝に複座2機と単座1機を組みました。
午前中はそれほど条件は良くなくバッタが続いていたのですが、
午後から次第に風が強くなりリッジが効き始めて
どの機体も一度飛んだら戻ってこなくなりました。
自分自身もピストから戻ってこいと呼ばれるまでリッジやサーマルで一時間以上飛んでいました。
グライダー3年目にして初めての1時間滞空です、いい経験になりました。
リッジで飛んでいるときには
前にジュニア、後ろにASK21、その間に自分が乗っているプハッチの3機が並んで飛んで飛びました。
長野は普段とは違った運航で得られる事も多いので、また飛びに行きたいです。

写真は妙徳山で撮ったジュニアです。
DSC_0728.JPG
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 18:19| Comment(0) | 未分類

2017年07月16日

長野合宿2日目






こんばんは、3回生の西ヶ塙です。



本日は曇り時々雨でいつ降るか注意しながらの運航でした。朝はずっと曇っており、12時過ぎに私が飛んだときに風防に少し雨粒が付きまだ問題ないと飛ばしていましたが、14時過ぎに雨雲が西から山を越えてきたため一旦待機。止んで再開しましたがまた待機、を繰り返し大きい雨曇が来たので撤収となりました。




リッジもサーマルもない日だったので1回生の和田にどんどん飛んでもらって、岡本と私は機体戻しとリトリブをして長野滑空場での仕事を覚えた1日となりました。





明日の予報は晴れ、北風4mと良い条件になりそうです。人も少ないので存分に楽しみたいと思います。



IMG_20170716_120604.jpg
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 23:08| Comment(0) | 未分類

2017年07月15日

長野合宿 1日目

一回生の和田です。
大野と木曽川に続いて3回目の合宿となり、総発数も今日で9回となって2ケタ目前です。しかし今回のフライトは今までとは格段に違いました。今まではフライト時間が5分程度でしたが、今日は43分も飛べました。さらに最大高度は1050mまで取れ、とても新鮮で刺激的なフライトとなりました。今日飛んだ他の訓練生の方々も皆さん30分程度飛ぶことができました。(時間と訓練生の人数の兼ね合いで、まだ飛べても30分程度で戻ってこなくてはなりませんでした...残念) 長野の良さを実感できました。

周りの人で「グライダーも自転車のように、ある瞬間でふと感覚を掴んで上手く乗れるようになる」とおっしゃる方が何人かいました。僕はまだ残念ながら感覚をつかめていないようです。早く自分の力で山々を駆け巡り、数時間も飛べるようになりたいです。がんばります!

1000mの景色は壮観でした。僕はカメラを持っていくのを忘れてしまったので、代わりに岡本先輩の撮った写真を載せます。
image1.JPG
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 20:14| Comment(0) | 未分類

2017年07月02日

木曽川 立命、神大、京大合同合宿


こんばんは。1回生の辻です。
6月30日からの3日間、木曽川で立命、神大、京大での合同合宿がありました。今回の合宿は1回生にとって初めての合宿、そして初フライトでした!
初日の金曜日は雨でフライトできませんでしたが、土日は半日とちょっとずつ訓練を行うことができました。はじめは何をすればいいのか全く分からず、ただただ先輩に付いてまわるだけでした。グライダー1本飛ばすだけでも機体取り、索の出し付け、翼出しなどたくさんの作業をしなければならず、すべての仕事を一発で覚えきるのが難しいほどでした。グライダーはみんなの力が合わさって飛んでいるんだと実感できました。
そして作業を覚えるのに必死になっているうちに初フライト。初めの加速の速さと上昇角度の大きさに驚きながら上空約400メートルまで上昇。地上からは見ることのできない景色を楽しむ余裕もなく、教官の指示にしたがって方向舵を操作します。操作要領の確認の後は直線飛行。正面にある地点を目指しますが、、、あれ?まっすぐ進まない。直そうとしても機体がふらふら。なかなか真っ直ぐ進めません。直線飛行だけでも速度、傾き、滑りなど多くのことを同時に確認しなければならず、大変でした。この他にも旋回や無線の入れ方、離陸の仕方など多くのことを経験することができました。
今回の合宿では雨が心配されたものの、1回生はほぼ合計4発飛ぶことができました。暑さでかなり疲れましたが、初めての合宿、初フライトで大変充実した3日間でした。早く仕事を一人でこなせるようになり、操縦も上手くなれるように頑張りたいと思います。
1498996491270.jpg1498996512340.jpg
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 21:11| Comment(0) | 未分類