2021年11月01日

東海関西記録会後半 最終日 & ウインチマン認定報告

お久しぶりです、グライダー部4回の辻井です。

本日は前半10/23-25,後半10/29-31の計6日間にわたる東海関西記録会の最終日でした。

最終日、天気予報では1日曇り、ランウェイに出ても朝から曇っており条件は期待できないと思われました。
そのため条件が出るまでは記録会は行わず訓練フライトとなりました。

しかし、その日になってみないと分からないのが天気というもの。雲はだんだん晴れていき、11時頃には快晴に!
滞空する機体もちらほらとおりましたが、競技開始を待たずして昼過ぎに撤収となりました。総発数32発。

私も1発飛び、確かに空気の対流はありましたが滞空とはなりませんでした。

6日間の記録会の結果は以下のようになりました。

1位 浅野翔大(同志社3年) 770点
2位 山本航生(大阪4年)385点
3位 愛甲剛琉(立命館3年)27点
4位 瀬理智哉(立命館4年)25点
5位 天野開(大阪府立4年)19点
6位 満田龍一(大阪2年) 1点

残念ながら、今年度は京大参加者は得点フライトとはなりませんでした…。
条件にあまり恵まれない6日間だったので、仕方ないかと思います。

次の大会は全国大会または七大戦となりますが、その時には安全第一に、その上で成績を残せるよう日々の訓練から意識していきたいと思います。

また、来年以降は記録会ではなく競技会として開催予定です。現3回生が是非ともそこで成績を残せるよう、部全体で精進して参ります。

皆様、応援ありがとうございました。
引き続き京都大学グライダー部をよろしくお願いいたします。


また個人的なご報告ですが、先々週の合宿にてウインチマン認定試験を行い、ウインチマンの認定をいただく運びとなりました。
今後は部内でウインチマンをコンスタントに教育・排出し、より効率的で安全な合宿を目指せるよう頑張ります。


写真・東海関西の僕の同期達です。僕は現在京大グライダー部内に同期がありませんので、地区の全員が僕にとって大切な仲間です。
image0.jpeg
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 17:19| Comment(0) | 未分類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: