2020年10月24日

京大単独福井合宿 2日目(最終日)

IMG_0431.JPGこんにちは!

今福井合宿のピストを務めました。2回生の森です。
初ピストということで右も左もわからず、おっかなびっくりで運営していきましたが、なんとか教官、先輩方の指導のお陰で無事に合宿を終えることができました。
協力頂いた皆様には感謝しかありません。
さて、合宿の成果ですが、3回辻井さんの初AT23、4回佐藤さんの、2回のATソロなどのソロをはじめとして、単機発航、ホテル泊と言ったイレギュラーと、風待機、雨待機の憂き目を見ながらも、なんとか両日合わせて40発ほど飛ばすことができ、1回生、発数の必要な2回生に十分な発数を回すことができました。
これも指導して頂いた教官、先輩方、協力してくれた、部員一同の頑張りがあってのとこだと思います。本当にありがとうございました。

最後にピストの経験を生かして今後もグライダー部に貢献していけたらなと思います。

IMG_0421.JPG

こんにちは、サブピを務めました3回の辻井です。
今合宿では森くんに初の福井ピストを教えつつ一通りのピスト業務を務めていただきましたが、彼は素晴らしく吸収力や適応力が高く、ほとんど僕の助言なしでうまいこと合宿運営をしてくれました。森くんには感謝してもしきれません。ありがとう。
(後日談、ピスト業務の傍ら彼は「サブピ辻井さんが何もしてくれない」と嘆き苦しんでいたようですが…。申し訳ない。)

さて、この合宿の2日目では、複座機ASK13のほかに(辻井がわがままを言って)単座機ASK23も出してもらいました。みんなありがとう。
自分はATで複座ソロには出たことがあるものの、単座機は初めてです。ATにはそれなりの自信はありましたが、チェックフライトで教官を不安にさせてしまう操縦をしてしまえば、せっかく組んだ単座機に誰も乗らずに撤収…ということもあり得る状況でした。

予報では曇りでしたが、午後からは徐々に雲が晴れ、日射で暑いくらいの天気に。そんな中で自分の複座での搭乗順が回ってきて、何とかそれなりのフライトでソロチェックに通ることができました。落ちなくてよかった。
このチェックフライトの時、上空は日射により少しずつ条件が出始めておりました。先にASK23で飛んだ山崎教官は少しサーマリングをした後すぐにランディング。次はよいよ自分の番です。

地上ではやや西風が入っており、曳航開始直後、地上滑走で機首が西に向くのをかなり感じました。吹き流しを見て警戒はしていましたが、ここまでわかりやすく動くとは思わず、「おぉ、、これが風見効果か、、」と驚きながらもすぐに右ラダーで方向を修正。無事にエアボーンし、上昇しました。

曳航の後半、自機は曳航機とともに強いサーマルにヒット。曳航機はサーマル内で右旋回を始めます。自分もそれに合わせ右旋回をはじめ、1旋転ほどしたところで曳航機はすみやかにバンクを戻し翼を振りました。
心の中で「ありがとうございます…!頑張ります!!」と曳航教官にお礼を言いつつ、自分もバンクを戻し離脱。
しかしここで直線飛行をしすぎたようで、自分の離脱後右旋回ではサーマルはなく…。自分の来た方向に少し引き返したつもりでも、サーマルはありませんでした。(あとでGPSを見ると、引き返し切れていませんでした…)

時刻は14時半を回った頃です。少しずつ日射は優しくなり、地上付近のサーマルは消え始めています。
とりあえず風上の方にむかい住宅街付近などでサーマルを探しますが、強いサーマルはありません。300〜400メートルほどの高度でじわじわ粘り、24分で着陸。無念の初AT単座でした。
ちなみに僕の後のASK13は高い所で普通に滞空していたので、最初のサーマルで上層に上がっていれば…と悔しく思いました。

なにはともあれ、これが活動再開後初の京大合宿でした!今回は1回生の参加は少なかったですが、部員みんなで楽しく飛んだりランウェイワークをしたり…と、コロナ以前の楽しさを久しぶりに感じることができました。来月の京大NF5日間合宿は、1年生も巻き込んで楽しく合宿ができればと思います。


IMG_0433.JPG
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 00:00| Comment(0) | 合宿
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: