2020年02月14日

京大単独福井合宿1日目

こんにちは、今合宿ピストを務めます、京大2年の辻井です。

京阪大野合宿の傍ら、京大は並行して福井空港で訓練するという史上初(?)の試みが行われています。

福井空港では最近、格納庫に機体を組んだまま保管できるリフトが設けられました。それゆえASK13(JA2256)を訓練初日に組む必要がなくなり、少人数でのATの訓練が可能になったのです。


この環境を生かさない手はないと考え、元々参加予定人数が非常に多かった京阪大野合宿から数名を引き連れ、福井にて訓練を行うに至りました。

さて、今日の訓練は学生が6人、教官1人、曳航教官1人というなんともギリギリな構成。そのうえ私は初福井ピストでした。しかし田口さんが親身に福井でのピスト要領の教えてくだり、何とか訓練の流れを把握することができ、初日の訓練を安全に終えることができました。

今日はファルケとASK13による運航で、総発数は11発でした。1人大体2発飛べたことを考えればかなりいい日だったのではないかと思います。午前はRW18、午後はRW36で訓練を行いました。一日を通して静穏だったので、一年生にはいい練習になったと思いますし、私も航空機曳航の要領がかなりつかめてきました。

明日も1日訓練可能ですので、天気が厳しい明後日の分もたくさん飛ばそうと思います!

ランウェイ人口の少なさを物語る写真たち
image4.jpegimage3.jpeg
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 22:30| Comment(0) | 未分類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: