2020年02月10日

OB講演会 七大戦壮行会


こんにちは!3回の辻です。
2/8㈰にOB講演会、七大戦壮行会が行われました。毎年恒例行事となっております。

13時過ぎからOB講演会がスタート。今年度より京大グライダー部OBOG会の「洛風会」会長に就任された古賀会長、毎度おなじみ谷さんのお二人に講演をしていただきました。
古賀会長には、ご本人の航空の経歴についてお話していただきました。古賀会長が入部された当時は、まだプライマリー機を使用していた時代。ゴムでグライダーを飛ばしていたことや、ウインチを自作されていたことなどなど、今とは違った活動もされていて、聞いていてとても新鮮でした。最も印象に残っているのは、航空機曳航の時に実験室系ではなく、慣性系で考えよとのお言葉。実験室系で考えているとき曳航時にとてもブレてどうしようもないが、頭を慣性系に切り替えた途端に、曳航機にキレイについていけるとお話されました。いかにも理系的発想だなと思いつつ、確かにそうかもしれないとも感じつつ、慣性系って座標をランウェイに固定すればいいのかとも思いながら…。いつも難しく感じていた航空機曳航がうまくなる道が見えた気がしました。今度航空機曳航でフライトするときに考えてみます。

古賀会長の次は谷さん。昨年のOB講演会では時間が足りず、今年はその続きということで、お題は「行政の裏側について」。驚くべき経歴をもつ谷さんだからこそお話できる内容です。行政の「裏側」なので、ここでは詳しく書けませんが、印象に残っているのは「言い訳する人は伸びない」というお言葉。これはグサッと心に刺さりました。誰しも納得のいかないフライトを経験したことがあるはずです。納得いくフライトができたことの方が珍しいと思います。イマイチなフライトの後に、「あれはこうだったから、こんなフライトになってしまったのは仕方ない。」と、失敗を美化して消化していては伸びないということです。大事なのはなぜそのようなフライトになったのかを分析、反省して、次のフライトに生かすことです。誰しも言い訳して、失敗をなかったことにはしたいけれど、ただただ言い訳しているだけでは、成長できないということを感じました。

OB講演会が終わり、夕方からおいしい食事をいただきながら七大戦壮行会。軽くプレゼンテーションをさせていただきました。まずは簡単な部員紹介と、今年度の活動報告から。今年は1年生が9人入部し、1人も辞めていないと言ったときに会場全体が拍手で沸いたのは、少し感動しました。部内がいい雰囲気で回っていることが感じられて、主将をしている身としてはとてもうれしかったですね。個人的にモットーにしていた、「多様性を重視する」というのが、個性的なメンバーの集団である私たちに上手くあてはまってくれたのかなと思います。

次に今年の七大戦の概要説明と作戦会議。今年の目標ももちろん優勝ですが、作戦としてのまず一つ目が減点フライトをしないこと。初心にかえるってやつですね。初心以下です。せっかく得点したのに、違反によって上位に食い込めないことが毎年多々ありました。もはや伝統芸です。今年はその悪しき風習を断ち切ってやろうと誓った作戦会議でした。他の作戦は情報漏洩になるので書けません。


最後になりますが、今回OB講演会と壮行会を開催していただきました、洛風会幹事長片山様をはじめとした洛風会の皆様、講演をしていただいた古賀会長、谷様、誠にありがとうございました。OBOGの皆様に支えられて部が成り立っているということを改めて感じることが出来ました。これからも部員一同頑張っていきますので、よろしくお願いいたします!
OB講演会.jpg
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 00:54| Comment(0) | 未分類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: