2019年08月29日

久住山岳滑翔大会 撤収日

こんばんは、二回生の辻井です。いまはフェリーとカラオケで、ハイテンションな他大生に囲まれつつ乃木坂を口ずさんでいます。めっちゃ揺れてます。

今日は昼に宿舎を出ることが決まっていたので、半分くらいの人が朝早起きして、昨夜のBBQの匂いを落とすため、久住温泉に行きました。僕は眠すぎて寝てました。

そして雨が酷かったので2時間ほど前倒しでバスが11時に宿舎に来て、視程の悪い中(2mくらい)門司港レトロへ。門司港レトロは焼きカレーが名物で、とても美味しかったです。これほんとに美味しくて、チェダーチーズマシマシにしたらありえん美味しかったです。また来ます。

そのあと新門司に向かい、18:40に出航しました。帰りはみんなでお酒飲みつつカラオケしたり、ずっと喋ったり、フライトの話したりで永遠に楽しいです。また来ます。

今回の久住山岳滑翔大会では、何とか入賞できたものの、他大との実力差を見せつけられるような大会でした。来年の久住山岳滑翔大会までの課題としては、木曽川や大野など平地での訓練が多い分、山岳滑翔の技術や知識が欠けていることに対して、長野での滑翔経験を増やすことで実力をつけていくこと、そしてサーマルへの、そして滞空への執着心を後輩にしっかり持ってもらうこと、この2点が肝要であると考えております。幸い今年の新一回生はフライトへの意欲が高く、有望な選手が多数おりますので、来年こそは5位以上ないし優勝の成績を納めることも夢でないと考えております。

今後とも応援よろしくお願いいたします。とりあえずコンタクト外して寝ます。おやすみなさい。
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 02:50| Comment(0) | 大会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: