2019年08月24日

久住山岳滑翔大会 2日目

こんにちは、二回生の辻井です。
裏でやってる京大立命大野が羨ましくなってきました。僕ももっと飛びたいです。

さて、今朝は予報通り雨でした!ということで
・黒川温泉(温泉街)
・鍾乳洞→トトロのバス停→月のしずく(温泉)
・久住ワイナリー→ガンジーファーム(動物いるとこ)
の三コースに分かれて観光開始。
僕は黒川温泉で温泉巡りしに行きました。

10時過ぎに宿舎を出発、1時間もしないほどで黒川温泉着。持ってきた弁当を食べた後、28の温泉から3つを選べる温泉手形を購入し、いざ露天風呂巡りへ。

まず1つ目の温泉。ここは景色が非常に綺麗で、川の流れを眺めながら談笑しました。



2つ目は洞窟の中の温泉。それはあたかもドラクエの洞窟のようで心が少年の男子達で大はしゃぎしました。





3つ目は水深160cmの立ち湯がある露天風呂。想像以上に深く、顔が出るのがやっとの深さです。水圧で少し息が苦しかったです。写真はとりそこねました。

それぞれの温泉の合間には甘いものを食べたりアイスを食べたりして、ノンストップで飲食してました。温泉巡りは人生初でしたが、案外いいものですね。







気付くと日はくれかけており、19時に宿舎に戻りました。今日の夜ご飯は骨つき揚げ鳥!!豪華にもほどがあります。最高に美味でした。



ご飯の後は食堂で西部の先輩方や同期とグライダーの話で盛り上がりました。そこでお互いの文化の違いを感じました。西部の先輩方は本当に勢いがあって、去年年間で140発とか飛んでた先輩もいらして、え?ってなりました。またソロの発数に制限がないので、皆早いうちからソロへの意識を強く持っているらしく、47発ほどでソロに出た先輩もいらっしゃいました。東海関西も、70発という発数にとらわれすぎず、出来るだけ早く一人で操縦を出来るようにする意識を持つことが重要なのではないかと思いました。

そして何より、グライダーとソアリングを心から楽しんでいました。僕もそのような勢いある先輩方に押され、フライトへの意欲がさらに高まりました。また久住に来たいな、と思っています。

そして「西部式 パス角トレーニング」をしました。写真のように仮想の地面とフハンをイスの上に設置し、立っているパイロットの頭に近づけていきます。パイロットはダイブの開度を口で伝え、フハンはそれに応じパス角を変えながら接近していきます。これは自分の今のパスのロング/ショート判断、そしてそれに対しての操作、のかなり実践的な練習になるのでオススメです。東海関西にも取り入れていきたいと思っています。






ちなみに、フハンのイスを固定して自分が斜めに近づいていく方法でも同じ効果が得られます。ただ足腰がきついです。パイロットは阪大二回・山本君です。初めはロングに苦しんでいましたがじきに上手くいくようになってました。



今日はフライトはできなかったものの、非常に濃い1日となりました。明日も1日ずっと雨予報ですが、宮地教官(視察のため、今回ずっと久住にいらっしゃいます)に自家用受験のための学科をしていただこうと考えております。
明日も濃い1日になりますように。
image2.jpegimage3.jpegimage4.jpegimage7.jpegimage6.jpegimage1.jpegimage8.jpegimage9.jpegimage10.jpegimage11.jpeg
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 07:32| Comment(0) | 大会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: