2018年09月26日

アメリカにて


こんにちは。2回の辻です。今回は合宿報告とはちょっと違った投稿。アメリカでグライダーに乗ってきました!
カタコトの英語をなんとか流暢にしたいと思い、この夏アメリカ西海岸のサンタバーバラに短期の語学留学に来ています。この間になんとかグライダーにも乗りたいと思い、週末を使ってポーランド人のルームメイトとサンフランシスコに行くついでにグライダーに乗ってきました。訪れたのは、サンフランシスコから車で2時間半、ホリスターにあるBay Area Glider Ridesさん。広大なステップの真ん中にある小さな飛行場のグライダースクールです。オフィスに入ると、とても温かく歓迎してくれ、日本でグライダーに乗っていると言うとかなり喜んでくれました。
今回はイントロダクションレッスンを申し込みました。もちろんウインチ曳航ではなく、飛行機曳航。去年の福井合宿以来3回目?です。楽しみな気持ちよりも緊張感の方が少しだけ上回ります。日本でASK21に乗っていることを話すと、「ちょうど21あるよ!」ということでASK21に搭乗することになりました。
グライダー経験者ということで、搭乗前の確認は超あっさりでした。日本と違い高度はフィート、速度はノットを使っていることの確認と、飛行機曳航の要領の確認ぐらいです。
というわけでカートでランウェイに移動し、ASK21に乗り込んで索をつなぎ、いざテイクオフ。曳航機と高度、軸線を合わせるように意識しながらゆっくりと上がっていきます。途中若干ふらつくことがあったものの、思ったよりも上手くいきました。さすがに1年以上飛んで来ただけあって、去年の福井合宿の時とは感覚が違います(笑) 4500フィートまで上げてくれました。
索を切り離せばあとは自由です。広大なカリフォルニアの大地をゆっくりと飛び回りました。西にはアメリカ西海岸の海、東は果てしなくステップが続いています。アメリカで飛んで良かったなーと思えた瞬間でした。上空は超静穏。教官とサーマル(こっちではLift)を探したのですが、残念ながら見当たりませんでした。それでも沈下もなかったので、45分ほど飛ぶことができました。
着陸もうまく行き、無事生還。教官からの評価は、曳航時も含めてうまく飛べていたと上々でした。「ログブックを持ってきたか?」と聞かれ、日本に置いてきたと伝えると、アメリカのログブックをくれました。結果オーライです(笑) これでログブック2冊ユーザーになりました。
今回訪れたBay Area Glider Ridesさん、とてもフレンドリーな雰囲気で温かく、かなりおすすめです。ライセンス取得もウェルカムとのことでした。サンフランシスコ周辺を訪れた際はぜひ。
IMG-20180923-WA0024.jpgDSC_3225.JPGDSC_3224.JPGDSC_3393.JPG
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 22:20| Comment(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: