2018年09月26日

9月京大阪大大野合宿最終日

こんにちは。3年生の山本です。
4日目は合宿最終日でした。入り日の予報は微妙な天気で訓練ができるか心配でしたが、ふたを開けてみれば初日以外訓練を行うことができ、良かったですね。4日間を通して例年のこの合宿と違い最高気温が低く、時折駆け抜けるひんやりとした風に夏休み中であるのにも関わらず、秋の訪れを感じるとともに、迫りくる後期の足音も聞こえました。ほかの大学はもう授業が始まってるらしいです。京大入って良かった~wwwwwwwww

やや背風でしたが、ピス交するほどでもなく、静穏に近かったので下回生にはいい練習になったのではないかと思います。2年生にはさっさとソロに出てほしいと思います。
自分も田中教官に許可をいただきこの日も午前中にKa-8で一発ソロに出ることができました。いつも通りフワフワしていました。岩本ちゃんに採石場のあたりにプラスがあるといわれたので行ってみたのですが、特に何もなく速攻で帰ってきました。悲しかったです。

その後昼休憩前に索点検の回数になったので点検しました。1か所修理が必要な部分が有ったので修理しました。自分がリト担当になって初めてランウェイで索修理をしました。一瞬どうやるかど忘れしかけましたが、ギリ耐えました。

その後、お昼休み中に雨雲がかぶったのでKa-8とASK13をしまいました。雨雲レーダーほどそのあとは降らなかったのでちょっともったいなかったですね。

午後からはリトリブしつつ、ウインチのトレーニングをしました。3日目同様何回か一人曳きもしました。操作自体はマスターしましたが、パイロットと息を合わせたりなど細部はなかなか難しいですね。完成度を上げていきたいと思います。これと同時並行で後輩のリトリブトレーニングも行いました。思いのほかフツーに走れていたので面白くなかったですが、セットが恐ろしく下手だったのでハラスメントにならない程度に指導しました。

3時半くらいに撤収しました。確か34発ぐらいでした。3日間でまぁまぁ飛ばせました。ありがたいことに、OBさんたちもたくさん参加して頂いたのでいろいろ学ぶことができました。是非また参加していただきたいですね。それと3日間ほぼワンオペでウインチをしてくださったしょうへい先輩にも感謝感謝です。一方まぁまぁ飛ばせたものの、まだまだ発行遅いなぁと思える部分もありました。佐藤君も初ピストなんでしょうがない部分もありますが、ウインチ側でピストを他人事のようにdisるだけのリトマンはダサいので、きちんと原因分析を行い次の合宿に生かさないとなぁと思います。とりあえずお疲れさまでした。

色々あった末に米津玄師とかを聞きながら京都に到着しました。早く帰るために晩飯をサービスエリアで買って車内で食べようという話をした矢先にに佐藤君がペヤングの特盛にお湯を入れた状態でファミマから出てきた時は彼が心配になりました。これからKUGCの評判を落とすような誤ちをしないようにマジで気をつけて欲しいです。そんなタイムロスがあったものの8時半には帰ってこれたので、組む大学によっては最終日4〜5時くらいまでやっても全然耐えるなぁと思いました。

帰ってからみんなでOBの高木さんに頂いたサントリープレミアムモルツを飲みながら少しさんまを焼いたりしました。また9月24日は中秋の名月だったらしいですが、月ガチ勢ではなかったのであまり興味はなかったです。そんな思いに呼応するように月も雲で隠れてほんのり光ってるのが見えるくらいでした。隠れてるのにこんなに明るいとか月スゲーと思いましたが、それは照らしている太陽がすごいのであった太陽スゲーと思いました。表面温度は6000度もあるんですね。ちなみにポケモンのマグカルゴは10000度あるそうです。そう考えるとマグカルゴが一番すごいですね。



posted by 京都大学体育会グライダー部 at 19:25| Comment(0) | 合宿
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: