2018年05月01日

久住 競技2日目

どうも、2回生の辻です。
昨日は久住山岳滑翔大会の競技2日目でした。この日は自分の番の2つ前でピス交。久住に来て初めての南向き発航となりました。南向き発航は、これぞ山岳滑空って感じのランウェイです。離着陸するところは若干の上り、その先はランウェイずーっと下りです。着陸でロングしちゃうとずーっと下まで行ってしまいます。
11時頃、条件がちらほら出だしたところで自分の番が近づいてきます。僕にとっては初めての競技フライトということで、飛ぶ前からドキドキ。前の選手がちょっと滞空したといことで、自分も滞空せねばという緊張感にとらわれます。
てことで自分の順番。出発出発。なぜかビビってしまい、離脱高度がかなり低い。これはマズイ。とりあえず第1旋回してちょっと進むと機体がぐわっと浮きました。おぉ。ここで旋回するとバリオがプラスに。初めて自分でサーマルを見つけました!バッタは免れた。しかしサーマルは見つけれたものの、なかなか中心によれない…。旋回中にバリオが+2と−1交互に振れている感じです。結局サーマルから離れてしまい、自分の実力不足を感じました。
離着後GPSを見ると、100メートル上がれてました。初めて自分でソアリングでくた嬉しさと、まだまだ上がれたなっていう悔しさが混ざりました。
この日は30分滞空も2本出たので、私も久住山の山頂までいけるように頑張ります。まずはいい発航順のくじを当てねば。
  
DSC_2356.JPGDSC_2354.JPG
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 09:38| Comment(0) | 未分類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: