2018年04月10日

第1回OBトーク



どうもこんにちは!2回生になりました辻です。気づけばもう新歓をやる側になってしまいました。この前まで新歓終わりに晩御飯おごってもらっていたのに…。大学での1年、終わってみると一瞬です。さてさて、先日は毎年恒例となりましたOBトークが開催されました!今回来ていただいたOBさんは谷さん、大津先生、川瀬先生。集まった新入生は10人でした!

19時過ぎにOBトークスタート。しばらくの歓談の後、トップバッターは大津先生です。大津先生といえば「はやぶさ」。スクリーンにトーク内容の題名が映し出されると、新入生からは「おぉ〜」という声が。はやぶさの開発の裏話なんてなかなか聞けないですよね。大津先生が開発で携われたのは再突入カプセルです。耐熱面の厚さとカプセル内容量のバランスや再突入時の耐熱面の温度など、どの話も新鮮なものばかりです。なかでも新入生に受けが良かったのが、はやぶさが帰還した時の裏話。再突入カプセルが計画とドンぴしゃりの角度で大気圏突入したので、カプセルが燃え尽きたら大津先生が所属するチームの責任だよ♡というメールがはやぶさ帰還前日に届いたそうです。もうその夜眠れないです
よね。みなさんご存知の通りカプセルは無事地球に帰還しました。

二番目はグライダー部前部長の川瀬先生。川瀬先生がこれまでの人生において役立ったグライダー部での経験を主にお話していただきました。「起きると思ったことは必ず起きる。最悪の事態を常に想定せよ。」「人は見たいものしか見えない。」などなど。グライダーでの活動だけでなく、これからの人生において役立つことをたくさんお話していただきました。こう書くとなんかちょっと堅苦しい感じに聞こえますが、川瀬先生が大学生の頃の写真(谷さんが移っている写真も)もスクリーンにたくさん映りながら、先生のトーク力も加わり、OBトークの会場は結構盛り上がりました。

最後は満を持しての谷さん。最初に谷さんの経歴が紹介されましたが、会場からは「おぉ〜」「えぇ〜!」の連発。この方何者なんだという雰囲気が会場に漂いました。なかでも盛り上がったのが、まずは谷さんが日本のGPS座標を正しく補正した話。2000年頃までは日本のGPS座標は500メートルほどずれていたそうです。それまではソフトウェアを挟み、補正しながらGPSを使う必要がありました。それを谷さんのチームは見事に補正しちゃいました。皆さんがGoogleマップを使って目的地に正しく到着できているのは谷さんのおかげです。そしてもう一つは、日本の海での資源獲得権領域を拡大させた話。国際条例を日本にも適用し(これを詳しく書くと超長文になるので割愛)、日本が海で資源を獲得してよい領域を思い
っきり広げちゃいました。将来日本が資源大国になったら多分谷さんのおかげです。皆さん感謝しましょう。

ということで予定時間の2時間はあっという間に過ぎ、OBトークは幕を閉じました。正直2時間じゃ足りなかったですね…。反省します。これからも新歓期はまだまだ続きます。4月末にはたくさんの新入生が入ってくれるよう、現役は頑張っていきます!ちなみに次回のOBトークは14日(土)です☆ 参加したい方はメールまたはTwitterのDMを送ってください!それでは5限の授業行ってきます。
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 15:27| Comment(0) | 新歓
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: