2017年08月13日

京大KG木曽川合宿 2日目

こんにちは。1回生の辻です。
木曽川1週間合宿の2日目が終了しました。
午前は初めての宿当。午後からランウェイに出ました。風がやや背風でピス交も考えられましたが、ピス交せずに訓練を開始することに。2回目の合宿だったのでランウェイでの仕事を思いがしながらの訓練でした。
今日は上回生の登場回数が多かったので1回生は1本だけでした。いつも通り7分ぐらいのフライトかなと思って上昇すると、なんと先に上がった299が上空でソアリング中。山崎教官がその299の下に入ってくれましたが、なかなか上がりません。上がりも下がりもしない状況が数分続き、もうダメかなと思い始めた時、少し移動したところで山崎教官がサーマルを見つけ、昇降計が+1に振れ始めました。私にとっては初めてのソアリングだったので、感動しました。ソアリング中はバンク角を維持する練習をしました。何個かサーマルを乗り継ぎ、気づけば高度は700メートル以上に。初めて木曽川の西側にも行き、直線、旋回の練習を行いました。30分以上が経過し、ピストからそろそろ帰ってこいとの指示が…。まだまだ高度があったので、高度を落とすために、失速からの回復を初めて体験。それでもなかなか高度が落ちなかったので、仕方なくダイブブレーキで高度を落とし、場周することになりました。
飛行時間は39分!グライダーの醍醐味であるソアリングを初めて経験できました。木曽川で滞空できるのは珍しいということなので、とてもラッキーでした。早く自分でもソアリングできるよう、どんどん技術と知識を身につけていきたいと思います。
1502632145179.jpg1502620216113.jpg
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 22:49| Comment(0) | 合宿
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: