2017年05月02日

久住山岳滑翔大会 3日目

こんばんは、2回生の福居です。
本日は競技日1、2日目とは違って強い風はほとんど吹かず、南向き発行での終日のフライトが可能でした。
本日より本格的に競技フライトが始まったわけですが、改めてこの大会での得点の出し方を説明します。

得点={500×(獲得高度(m))}/1000+{(400×(滞空時間(秒))}/1800+(安全ポイント)
であり、安全ポイントは帰投判断、場周判断、見張りが各40点満点の計120点満点です。
つまり滞空する能力と安全チェックをする能力を競う大会です。また、獲得高度は20m以上が得点として認められます。

本日は2roundの途中まで競技が進み、福居、山本ともに2発ずつ競技フライトを行いましたが2名とも滞空し高得点を叩き出すことはできませんでした。
僕の競技フライトについて書きますと、1発目は初の競技フライトで緊張したこともあって安全チェックを教官にアピールできず、さらに場周判断もうまくいかず、安全ポイントは0でした。非常にショックであったと同時に競技フライトの難しさを感じました。2発目はその反省点を意識し挑んだ結果安全ポイント100点という相対的高得点を得ることができ、悪くない順位につけました。
本日の競技フライトでは、久住は地平線が一定でないので速度セットが難しいことや、普段乗り慣れていないASK13の操作に少々苦戦したことを差し引いても自分の実力がまだまだだということを痛感しました。
明日からの競技も身を引き締めて頑張っていきたいです。



iPhoneから送信
image1.JPGimage2.JPG
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 23:20| Comment(0) | 大会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: