2016年03月03日

全国大会 集合日〜競技3日目

3回の山崎です。
記事をあげるのが遅くなってしまいましたが、全国大会の様子についてレポートしたいと思います。

〜集合日(2月28日)〜
25日まであった七大戦から一夜明けた26日、1日がかりで京都まで帰ってきました。翌日の27日に半日ほどの休息を得て、夜22時に妻沼へ向けて出発しました。夜通し高速を走り、28日の朝7時に妻沼滑空場へ到着しました。伊勢湾岸道路から見えた名古屋港の夜景がとても綺麗でした。
集合日は機体、書類の審査がありましたが、特筆すべきこともないので省略します。

〜練習日(2月29日)〜
4年に一度の2月29日に、練習日と称して各選手の技量チェックフライトを行いました。私のフライトで注意を受けるところがあったものの、京大チームの選手は3人とも無事チェックに通過しました。午後から風が強くなり、選手全員のフライトが終わるとこの日は終了しました。

〜開会式 & DAY1(3月1日)〜
朝10時から開会式、11時30分から競技開始の予定でしたが、強風のため開会式のみとなりました。
風は強いが天気は良い、ということで、京大チームで滑空場近くの森林公園までピクニックに行きました。アスレチックで遊んだり、トランポリンで跳ねたり、とても自由で気楽な時間を過ごしました。肉体的には体力を削られた感は否めませんが、精神的にはエネルギーをチャージできたので良しとします。

〜DAY2(3月2日)〜
実質競技1日目となった3月2日、この日は条件が圧倒的に素晴らしく、多くの選手が24kmタスクを周回しました。かくいう京大チームもなんとか3人とも周回し、幸先の良いスタートとなりました。人生初周回を決めた山崎選手は感無量でした。午後15時に飛んでも強いサーマルが所々にあり、妻沼の良さを実感した日でもありました。
この日の得点発表では、

山崎28位
中西32位
中井21位

団体7位

となりました。案外上位に食い込めそうな雰囲気です。次の日も頑張るぞい。

〜DAY3(3月3日)〜
というわけで迎えた競技3日目。前日の予想では条件そこそこ爆発するはずだったのですが、なかなか上がる機体がありません。時折背風や横風が強くなり、待機の時間も多かったです。今日はもうダメかな、バーベキューの日かな、という空気が漂い始めたその時、ついに試合が動きます。14時32分に飛び立った中西がやってくれました。今までサーマルの気配がなかった妻沼の空にグライダーが滞空し始めます。その絶妙のタイミングで空にいた中西がチャンスを逃さず、無難に周回して帰ってきてくれました。この日はほんの1時間ほどの時間帯に順番が回ってきた選手が周回するという、運の要素が強い1日でした。
この日の得点発表では、

山崎32位
中西8位
中井26位

団体4位

となりました。なんだか3位入賞も見えてきた気がします……。次の日も頑張るぞい。




posted by 京都大学体育会グライダー部 at 20:41| Comment(2) | 大会
この記事へのコメント
凄いぞい!
Posted by 米田 at 2016年03月03日 22:05
引き続きご安全に。
Posted by → at 2016年03月03日 22:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: