2016年02月28日

七大戦 競技最終日とまとめ

3回生中西です。

遅くなりました。


七大戦最終日の朝、起きると雪が積もっていた。

とりあえず待機。この時点で個人3位だった僕の心は保守的になっている。もう競技は無くていいだろう。。。

しかし9時になり、ランウェイの状態が回復してきたので競技決定。急いで準備をし、11時から発航開始、13時最終発航。

この日は時間も短く、クルーフライトも無かったのでDiscusのみ出動。

この日は明らかに条件が良く、目に見えて雲が渦巻いている。

出発した機体はみな高度を上げていく。

僕も飛ぶ。

沈下に叩かれ速攻で着陸。

他の機体はみな滞空してゆく。

ランウェイに1機だけ京大Discusが残った。

こんな状態で滞空できないのは恥ずかしい。

もう一度飛ぶ。

離脱後+2のサーマルにあたり、ホッとしつつも本気で高度を上げてゆく。

その後も獲物を狙う猛禽類の如く飛び、他の機体が使ったサーマルを食べてゆく。

順調に旋回点をクリアしていき、ゴール。

1発目の失態があったものの、この日は2番目の速さで周回できたので自分的には許そうと思う。


というわけで、無事七大戦が終わりました。

結果は以下の通り。


個人

1.柴田(東大) 2561点

2.守法(名大) 2197点

3.中西(京大) 2007点

4.高田(阪大) 1199点

5.矢野(東北) 820点

6.堤(九大) 276点


団体

1.東大 2588点

2.名大 2309点

3.京大 2041点

4.阪大 1237点

5.東北 918点

6.九大 386点

7.北大 313点


また、3年以下の最優秀選手に与えられる保原賞を獲得しました。


OBはじめ応援してくださった皆様、ありがとうございました。

来年は今年よりも順位を上げるべく、今後も頑張ります。

DSC_0312.jpg
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 23:08| Comment(0) | 大会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: