2024年06月13日

自家用実地試験報告!B5ボードを添えて

お久しぶりです、3回の東浦あやです!
この度、6/4, 5に自家用操縦士の実地試験を受験し、無事合格することができました!

平日にも関わらず協力してくれた同期・先輩・後輩、ここまで教育してくださった教官方・先輩方、受験直前期にボロがいっぱいあったにも関わらず最後まで見捨てずに導いてくださった松本教官・宮地教官、応援してくれた関係者のみなさんには感謝してもしきれません。本当にありがとうございました…!

そして、受験同期の大工藤本さん・重松さん、名城佐藤さんにもとってもお世話になりました。4月末の見極めから当日まで長い期間互いに支え合った日々は、振り返ると感慨深く、素敵な思い出です。

受験1週間前の21時、木曽川にて4人集結。次の日から朝から晩まで勉強部屋で過ごす日々。受験確定から当日までが短かったこともあり(言い訳)、勉強が十分ではなく受験生ずは目に見えて日々焦りが募っていきました。私は「どうにでもなれぇ…!」とやけくそになったこともしばしば。それでも進むしかなくて、応援してくれる人・一緒に頑張ってる人がいなかったら乗り越えられなかったと思います。
そうして迎えた試験1日目。内海試験官をお迎えする前に、そわそわしながらみんなで玄関を掃除しているとツバメがいっぱい飛んできました。こやつら幸せ(ライセンス)を運ぶ鳥だとガッツポーズ。緊張のせいか何を考えても仕方ないせいか、そこからは一瞬にして時が流れ、2日目の12時頃、全員が合格を告げられました。
お互いに勉強を教え合ったり勉強の合間に大笑いしたり、思い出がいっぱいできた木曽川訓練所を撤収するときは少し寂しくなりました。

今思えば、なんだかんだ楽しかったです。

1週間ほど経った今は達成感と共に、ライセンスを取得してからが本場という緊張感が混在しています。まだまだひよっこですが、ここでは書ききれないほどたくさんの人たちへの恩返しも込めて、個人としても団体としても更なる成長ができるよう精進して参ります。

(それでは大爆笑をかっさらったB5ボードを添えて…)
image0.jpeg
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 21:39| Comment(0) | 合宿