2024年03月09日

全国大会5日目

お久しぶりです!2回の東浦です。
この日は早朝に雨が降り、競技が開始されたのは12時頃でした。
朝の曇天から一変してお昼頃には青空が広がり、もくもくとした雲ができ始めていました。
早くも1発目から浮き始めた様子でしたが、トップが低いのかどの機体も旋回点まで行くことは叶わずしばらくすると帰ってきてしまいました…
もくもくしていた空も14時頃にはブルーになってしまい、機体もバタバタと帰ってきました。今日はもうしぼんだのかなーと思っていたら、15時にまさかの法政discusゴールの無線が。え?、みんな驚きでいっぱいでした。
その直後、坂本選手が5回目のトライで飛び立ちました。坂本選手が高度を獲得していくと同時に空には再び雲が出てき始めていました。よしよし。しかし、ここでなんとも悔しいことに今日は風がしっかりと吹いていて、333も上げては流されて上げては流されて、と苦戦している様子が伺えました。結果として周回したのは3機で、京大は本日は得点できませんでしたが、何度も流されても少しでも伸ばして再度高度を上げ直して、地上の人が「もう無理なのかもしれない」と思ったときも諦めずにアタックしていた坂本選手の粘り強い姿にはエースとしての強さがあり感服しました。

明日は最終日。全国大会も残りわずかですが、部員一同最後まで頑張っていきます!
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 07:28| Comment(0) | 大会