2022年11月22日

後席がないって素晴らしい!













お久しぶりです。5月の初ソロ以来のブログを書きます、2回生の鈴木です。




この度は11/20に初めて単座機で空を飛ばせていただきました。機種はASK23で、僕の周りの人の多くは初単座がASK23なので、一つの節目を迎えたなあという思いです。

まずシンプルな感想として、

「後席がないって素晴らしい!」って思いました笑

やっぱり、複座機でソロに出るのと単座機でソロに出るのとでは全然感動が違います!例えるなら、「東京タワーも高いけど、スカイツリーはもっと高い!」みたいな感じですかね?(東京タワーも良いところです)

ふと振り返ってみて、後ろに無駄な空間があるのとないのとでは、全然違います。1番印象に残ったのは、上空での挙動の違いです。とにかく機体が軽い軽い。すっとバンクがついてくれて、なるほど、これは複座練習機よりもソアリングしやすいわけだと体感しました。

曳航については、「青ヒューは切れるぞ」と散々ビビってた割には、ウインチマンが上手かったのか100km前後の曳航で安定した上昇でした。

そういえば曳航中に風がめちゃくちゃ顔に当たって怖かったのを思い出したのですが、いつもそんな感じなんですかね?その時だけマスクを下ろしていたからなんですかね?

とにかくグライダー部に入って1年半での単座デビューを飾ることが出来て嬉しい限りです。

これからも来る自家用操縦士受験、京大ディスカスなどまだまだ目標は尽きませんので、精進していく所存です!


 





posted by 京都大学体育会グライダー部 at 11:01| Comment(0) | 未分類

11月大野合宿4日目

お久しぶりです、1回生の成澤です!
 NF合宿もついに4日目に突入しました!
昨日の夜に雨が降り、RWは水溜まりだらけ。みんなで地道に水抜きをして、なんとか単機で発行を開始しました。徐々に機体を増やし、途中横風待機になったりもしましたが今日も無事に訓練を終えることができました。当たり前のようですが皆んなが無事に1日を終えることができて、私は今日も幸せです。
 また、今日から1回生が全員集合しました!9人が同じ合宿に参加するのは初めてのことで、想像以上に嬉しくて、楽しくて、皆んなへの愛が止まらない、、!!
Image.jpeg
(黄色つなぎの1回生と黄色い108)
(初ソロ写真のようですがまだまだです笑)
今回の合宿では色々な先輩や教官とも沢山話すことができてとても嬉しかったし、個人的に色々な気持ちや考えの変化もありました。ほんっっとうに参加して良かったです!!OBさんも含め京大グライダー部の部員、関わってくださる全ての方への愛が溢れております、、。
ちなみに本日1番笑ったのは、同期の松木くんが干してあった先輩の靴下をセームと間違えて水につけてしまったことです。この場をお借りして同期一同お詫び申し上げます(笑)
それでは、また。今度はフライト関連の報告ができるようになると嬉しいですね〜
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 10:59| Comment(0) | 未分類

東海関西競技会〜動力話〜









競技会でウィンチを引いていた話



こんにちは。3回の坂本です。

先日の東海関西競技会で、ウィンチマンをしておりました。本来なら来年の全国大会出場に向け、選手として参加するべきなのですが、いかんせん大学の講義をサボるわけにもいかず、全日参加できる人を選手にという判断でクルー参加になりました。

特に印象的だったのは、競技会ということで東海関西の大学からエースが集まっていることもあり、ランウェイワーク、搭乗準備が非常にスピーディーだったことです。機体の数が普段の訓練より多いということもあり、さらに条件が出ずにバッタを繰り返すのも重なって、ひっきりなしに曳航が続くウィンチマン泣かせの日々でした。

ウィンチマンは自分と4回生で選手の森さんしかおらず、ちょうど条件が出る時間がお昼ごろというのも相まって膝の上にお弁当を抱えて昼食をちょっとずつ取りながらのウィンチ業務でした。


来年はいろんな大学からウィンチマンが派遣されると良いなと期待しています。





お久しぶりです、2回の松谷です。今回は東海関西競技会にリトリブ係として参加しました!
 競技会は1発1発が勝負に関わる大事なフライト、リトリブがモタモタして発航効率を下げ、競技の邪魔をするわけにはいかないと意気込んでいたのですが、バッタの際にはリトを降りる暇も無くずっとウインチ側とピスト側を往復するという鍛錬が待っていました(※昼休憩無し)。実はリト認定を取得していたと競技会中に告白してくれた名大の井岡と、選手にも関わらずリトを交代してくれた4回の堀内さんがいなければどうなっていたことか分かりません。

 6日間のリト作業を終えた時にはとてつもない達成感を感じました。来年はこの達成感を是非後輩にも味わってもらいたいと思います。





posted by 京都大学体育会グライダー部 at 10:29| Comment(0) | 未分類