2022年11月14日

東海関西競技会報告part1(個人成績編)

こんにちは!

最近は毎週長距離遠征している4年の森です。そろそろ疲れてきました笑

さて、先日1022~24日、28~30日にかけて行われておりました東海関西競技会の結果を報告したいと思います!

 

えぇ〜今年度の東海関西競技会、京都大学の個人成績は〜〜

 

ドゥルドゥルドゥル〜ダン

 

4年森 準優勝

4年西 第10

でした。

というわけで、私準優勝をいただくことが出来ました。決め手としては、2日目のASK13での周回でした。ASK13はハンディキャップ係数が1.1と獲得した点数に傾斜がかかります。従って、同じ1周回でも13で周回するのとでは70点から100点ほど変わります。たかが100点ぐらいと思うかも知れませんが、東海関西競技は毎年、優勝者でも1周回~2周回しかせず、多くの上位入賞者は1周回であるので、たかが10点でも、ASK21より高く点数がでるASK13で周回すれば、他の1周回の選手をぶっちぎれるというわけです。というわけで、1周回メンツの中では1位だったわけですが、阪大の満田選手が2周回し、きっちり1位を持って行かれました、、、。なので準優勝という結果は嬉しい反面、悔しくもあり完全優勝したかったなぁという思いまあります。反省としては、4日目に64分滞空したフライトがありましたが、このフライトではどうしても700メートル以上に上がれず、滞空点のみとなってしまいました。800メートルまで上がってポイントした選手がいたことを考えると、この日に周回出来ていれば、、、と自らの技量不足を嘆く次第です。

しかし、来年の後輩が完全優勝して、雪辱を晴らしてくれると信じて、ここは花を残しておいたと思うことにします笑

-->
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 11:20| Comment(0) | 未分類