2022年11月04日

東海関西競技会4日目









こんにちは!東海関西に出場してきた4年の森です。競技4日目の様子をお届けしようと思います。


競技4日目は下馬評では逓減率もいいし、風も穏やかとかなりいい日になるのではという予報でしたので心躍らせて大野入りしました。しかし、蓋を開けてみると、上空の逆転層がなかなか抜けず、トップがいまいち上がらない日となりました。結果としましては、脛永橋1ポイントの選手が1人出ただけで、あとの得点者は滞空点のみというなんともいまいちな結果となりました。


 


さて、私自身のフライトはといいますと、昼のなんとか条件が出始めた頃に離陸して、290メートルぐらいでサーマルヒット丁寧に丁寧に回っていると、じわじわ強くなってきてこのまま上がるか!と思っていると、400メートルくらいで上がりが悪くなってしまいました。滑空場周りをうろうろしながら高度を削っていると、またも300メートルくらいでヒット。今度は700メートル弱まであがり、あともうちょっと上がれば脛永に届くなぁなんて思っていると、またも上がりが悪くなり、ブレイク。ちょうどそのころ下から上がってきた機体がいい感じに上昇していたので、下に入り、プラスをゲットしたのですが、また700メートルあたりで上がりが悪くなってきました。先に上がった機体は脛永に向かっており、自らの技量のなさを呪いました、、、


この700ちょいというのがこのフライトの最高到達点になってしまい、その後は400~500メートルの辺りをうろうろうろうろして結局ポイントすることは出来ず、滞空1時間4分で滞空点54点を稼ぐフライトでした。


しかし、同じ時間帯に飛んだ他機からは下にも入れないし、RWの周りで飛んでるので、非常に邪魔な機体だったようです笑ライバルたちの妨害をするフライトとしては100点だったのでしょうか笑




posted by 京都大学体育会グライダー部 at 12:57| Comment(0) | 未分類