2022年11月01日

東海関西競技会1日目









こんにちは。4回の堀内です。ブログの時系列ぐちゃぐちゃになっていますが、何卒ご容赦下さい。


 


さて、今合宿は、1回生時の七大戦ぶりに大会形式の合宿に参加しました。


最初で最後の(?)選手でのエントリーをさせてもらいました。いつの間にやら、自分より飛行時間の長い&滞空経験も豊富な後輩達が育っている中で、こうして貴重な機会を分けて貰える温かい組織に所属させて頂いていた事に感謝感激した次第であります。


 


そんな事はさておき、Day1の概要をお伝えします。


 


まず、大会ということで、久しぶりに見る複座3機の機体組みから始まりました。


単独飛行をした事のある選手と少数のクルーという面々の為、殆どが熟達した学生であり、スムーズに準備が為されたのが印象的でした。


 


大野町長や学連役員の方を迎えて、10時より開会式が行われました。司会を江河、選手宣誓を私堀内が務めました。人生初選手宣誓でしたが、程々に上手く出来たように思います。


せっかくなので、その文言をこちらに掲載しておきます。


 


 宣誓


 


 我々選手一同は、エアマンシップにのっとり、日頃の訓練の成果を十分に発揮し、この大野町の美しい秋空を駆け回り、正々堂々と戦うことを誓います。


 


 令和41022


 京都大学 4年 堀内雅


 


実は、言葉を考えるにあたって、”エアマンシップ=正々堂々とフライトする事”なのでは?論争を繰り広げていたのですが、今改めて、エアマンシップというものは何かを調べてみました。


 


エアマンシップは、アメリカ連邦航空局によって次のように定義されている。


* 飛行の原理を熟知していること


* 地上と空中の両方で有能かつ正確に飛行機を操作する能力


* 安全で効率的な最適な運航を行う健全な判断の行使


 


他にも様々定義付けはあるようですが、こうして見ると、エアマンシップとは、飛行中のパイロットについてだけでなく、地上で訓練に従事する全員に関わる概念である事に気付きます。つまり、”エアマンシップ≠正々堂々とフライトする事”だった訳です。


グライダー競技に携わる人間として、日頃の合宿時からしっかり意識して、当たり前に知っておくべき概念だったと反省するばかりです。


 


さて、話を1日目の概況に戻しまして、開会式後、競技開始。


初日は残念ながら条件は出ず、採点対象となるフライトはありませんでした。前の関関同立戦から続けての選手はお疲れにも見受けられましたが、概ねは久しぶりの大会に胸踊っている様子でした。


 


ここまでフライトに関する話が少なすぎて、航空部員らしからぬブログなので、最後に、今合宿での堀内個人のフライトについて少し記しておこうと思います。


といっても、6日間、団体優勝に向けてエースパイロットを沢山飛ばす作戦だったので、実は平パイロット達(?)は大したフライトはしていなかったりします。ただ、競技会という事で、歴々の指導員の方々との同乗教育をまとまって経験出来た、というのは非常に有意義でした。


私は数年ぶりのASK21搭乗だったので、1発目はとんでもないフライトをしてしまい涙目でしたが、徐々に上手くまとまっていきました。機体が変わっても安定した飛行をしていた他の学生達のように自分も成長したいです。21ソロが待ち遠しくなりました。


また、自分は30分以上の飛行をした事がなく、恐らく東海関西一不運な学生なのですが、卒業までに滞空したいなぁという野望も生まれました。もう少し日々功徳を積むべきなのでしょうか。寺社仏閣には東海関西一お参りしている自信があるのですが、、、。


 


世迷言はこの辺にしまして、今後とも安全な合宿をとり行えるよう、又、部員達が豊かな航空部生活を送れるよう、微力ながら力を尽くしていく所存です。余談ですが、Twitter3回に1回程度は私が呟いているので、目を通して頂けると嬉しいです笑。


 




S__17391645.jpgS__17391647.jpg
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 15:29| Comment(0) | 未分類