2020年10月01日

木曽川訓練3,4,5,6,7日目

こんにちは。4回生の佐藤です。
最後にブログ投稿してからもう一年ほど経ってました。

「さて皆さん。自粛生活はいかがお過ごしでしょうか?誰とも会えない生活が半年以上続くと流石に疲れてきますよね。

え?もう自粛は終わった?
感染に気を付けて友人との食事、go to トラベルでの旅行楽しんでる?

けしからん!
まだまだコロナ禍は終わってませんよ?
勿論、私はこの時期でも全てリモートです。
どんな時でもマスク着用、ソーシャルディスタンス!! 
飲み会なんかするな!旅行もするな!」

といった感じの思想で最近は生きおります。
半分は嫉妬ですね笑
何故このような思想になるかというと大学側の規制です。
詳しい規制内容はここではお話しできないのですが
かなり個人の生活を制限されてます。
規制をかけるのは間違っては無いとは思うのですが少々やり過ぎな気がするのです。

こういうとコロナを甘く見ていると思われがちですが別にコロナは唯の風邪だとも思ってないし渋谷でクラスターフェスやっている連中を支持している訳ではありません。
COVID-19 は危険な感染症であるのは事実だし実際に沢山の死者も出ています。
大切な人を守る為にも感染拡大防止の努力する義務は勿論必要です。

ですが全ての接触を断つのは不可能だと思うのです。
毎日、引き篭もってオンラインで顔を合わせるだけの生活には限界があります。
僕自身、家に引き篭もっての生活は当初は余裕な気持ちで居ましたが段々虚無感が強くなっていきました。
コロナ鬱なんていう言葉がある様に誰とも関われない生活だと段々と無理が生じてしまうのかなって思います。

引篭り生活を続けて僕が感じたのは人が人としての生活をする為には直接誰かと交流していく事が必要不可欠だと言うことです。
マスク一つ付けてソーシャルディスタンスを保ち三密にならない事を心掛ければ少しくらい友人と一緒にご飯に行ったり近くの街へ旅行に行ったりしてもいいんじゃないのかと思います。
大学生はもう自覚のある大人です。大人としての行動の常識を持っているのは当然です。もう少し信頼して頂けないものかなって感じます。

追記 最近、やっとルールが改善されました。
少しずつ変わっていけばなって思います。

さて長くなりましたが本題です。
ちょっと文句を言いたかっただけだったのですが気付けばとても長くなっちゃいました。
活動再開して3回目?の訓練は木曽川です。
この訓練再開へ向けて動いてくれた
部員のみんなには感謝しかないです。
そこまで飛びたかった訳ではないのに活動再開が嬉しくて全参してしまいました。

訓練自体は特に大きな問題もなくほぼ北向き発航でソロ日和でした。気温もそこまで上がらず訓練しやすい気候。滞空は勿論ゲキ渋。
4,5日目は雨で訓練中止となったので研究室へgo。 
6日目は21の耐空検査あり。
最終日は横風成分が強そうな予報だったので大野へと行くと言う予想の斜め上の展開となりました。大野では正対風平均6-7mの爆風日和。
肝心のフライトですが半年振りのフライトでちゃんと飛べるか不安でしたが感覚は覚えているものですね。
別に上手い訳ではないし細かい部分を忘れてたりと反省点も滅茶苦茶あるのですが操縦の感覚自体は失わずにいれたのが良かったです。
何とかソロ3発も貯める事が出来ました。
ありがとうございます。
それよりも単座牽引3人一気に増えたの凄くないですか?二回生とても頑張ってて尊敬します。
一回生も9人も入ってくれて飛びに来てくれるしKUGC一大勢力時代来ますね。これ。



辻井教官
image.jpg
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 00:13| Comment(0) | 未分類