2019年11月26日

妻沼トレセン 1日目

こんにちは、二回生の辻井です。

今回、京大からは
4回生 山本春樹さん(ウインチ)、3回生佐藤さん、私、の3人でトレセンに参加しています。今年度の全国大会出場選手は京大にはいませんが、来年以降の出場に備え、妻沼で飛べる機会のあるときに飛んでおこうと思い、クルーとして参加することにしました。

11/23(土)に木曽川に集合し、11/24(日)に一日かけて埼玉の妻沼滑空場までハウトレ五台を陸送しました。壮観でした。

そして今日11/25(月)、訓練初日でした。朝は靄がひどく昼まで待機。すこし晴れてきた頃にランウェイに出て、慣熟日ということで今日は単座機は出さず複座を二機(JA2151(ASK13)、JA05KH(妻沼のASK21)出して昼から北向きRW32で訓練を開始しました。訓練を始める頃には日射が出ていてかなり暖かく、上空でもすぐにサーマルが出来始めていたようです。ちょっと滞空する機体も多かったです。ソアリング大野や木曽川と比べると本当に簡単にサーマルが出ているような感じがして、羨ましかったです。
総発数は20発でした。

僕も一度JA2151で飛びました。バリオ0でくるくるして、周りの景色を見、降りてきました。

トレセンの目標は30分滞空の達成、そしてあわよくば周回といったところです。ソロ30分滞空はしたことないので、そろそろ達成したいところです。

あしたからも、天気は微妙ですが、頑張ります!!!
image3.jpegimage2.jpegimage1.jpeg
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 10:14| Comment(0) | 未分類