2019年08月22日

京大立命大野合宿 1日目

こんにちは、京大一回の森と丹下です。
今日は天気が危ぶまれましたが、ふたを開けてみると雨は降りませんでした。しかし、雲待機、2回のピス交があり発数は40発とあまり伸びませんでした。
今日のブログは一人立ちした一回生が書くことになっていたのですが、二人一人立ちしたので、連名で書くことにしました。
まだまだなにも出来ない半人前ですが始めのチェックポイントをクリアできたこと嬉しく思うと共に、これからは責任がますます重くなっていくので慎重に、かつ効率的に訓練が行えるよう精進していきたいと思います。
これまで養成してくださった先輩の皆様、ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。
ここからはフライト編です。
私丹下は、2発飛ぶことができました。旋回の時に無駄なちからが入りエレベータを前に倒してしまう癖が一発目に発覚しましたが、星野さんのアドバイスを実践に活かし、操縦桿を握るのではなく当てるようにしたところ、二発目では、改善することができました。このように、一つ一つ着実にできないことをできるようにすることが上達への近道だと、誰かがおっしゃっていました。
僕、森は前回の木曽川合宿で指摘していただいた体に力が入っている。操縦桿を握りしめないということを気をつけて飛びました。力を抜くと操縦桿を小さく動かせて無駄に大きな梶を打たず少しふらふら操縦から進歩できました(無風て飛びやすかっただけかもしれませんが)。
KIMG0045.JPGKIMG0049.JPGKIMG0063_16_BURST1000063.JPG
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 20:36| Comment(0) | 合宿

久住山岳滑翔大会 集合日

こんばんは、二回生の辻井です。
今回、8/21〜27の久住山岳滑翔大会に京大から辻井が参加します。今日はその集合日でした。

前夜に神戸六甲からフェリーに乗りました。毎年京大は引率なので、僕も東海関西の引率をやってました。東海関西の仲間たちが一堂に会するのは不思議な感じでしたが、訓練の夜とは違った、楽しい一夜を過ごしました。フェリーめっちゃ楽しかったです。

朝、門司港に到着後、バスで久住滑空場へ。
とにかく景色が綺麗!!そしてランウェイすごい傾斜!!
こんなとこに降りてくる西部のパイロットすごいなと思いました。

滑空場についての説明を聞き、宿舎で夕食後、また場周経路などの説明をしていただきました。そこで九工大の先輩のフライトログを見せていただいたのですが、久住の条件のよさに驚きました。ログを見てるだけでも楽しかったです。

明日は慣熟フライトの予定です。久住でのフライトは、山の影響で地平線での速度セットが難しかったり、いつもと高度の見方が違ったりと、難しい部分が多いですが、明日の1発でしっかり適応したいと思います。余裕があれば着陸にもチャレンジしたいと思っています。

久住は雨予報が続きますが、フライトも遊びも全力で楽しんできます!
image1.jpegimage2.jpegimage3.jpeg
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 09:04| Comment(0) | 大会