2018年05月01日

久住 競技日3日目

こんにちは。2回生の山田です。
本日は競技フライト3日目でした。少し残っていた2巡目の競技フライトの後3巡目へと入りました。今日は昼から雨予報だったのですが実際は14時過ぎまでフライトを続けることができました。

僕は12時半のいい感じの時間に出番がまわってきました。直前の選手はすぐに帰ってきたのであまり期待はしていませんでした。
離脱高度は1110m。教官にはもう少し粘れたと言われちゃいました笑 左旋回してゴルフ場方面に向かったところお尻に突き上げるような感覚が。すぐにバンクを入れてその場で旋回を始めました。うまくサーマルを捉えられてしばらく1m/sで上昇しました。少し流されてサーマルから外れてもうまく復帰できて嬉かったです。
1300mに達したところでうまく上昇できなくなってきてR/W右側にサーマルを探しに行きました。バリオが0の地点はあったのですがうまく捉えきれずそのまま場周へむかいました。結果的に20分ほど滞空できました。サーマルを自分で捕まえてソアリングするという体験は初めてでとても楽しかったです。昨日のフライトでも一応滞空出来ましたがサーマルからすぐに逸れてしまったので笑 写真の上側にいるのが僕です。

辻は残念ながら本日の競技フライトではバッタでした。しかし今日の最後に余った索で行われたクルーフライトで辻は37分間も飛んでました。デイリートップ目指せるレベルです。当然競技ではないので点数には入りません。悲しいですね。
image1.jpeg
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 22:36| Comment(1) | 未分類

久住 競技2日目

どうも、2回生の辻です。
昨日は久住山岳滑翔大会の競技2日目でした。この日は自分の番の2つ前でピス交。久住に来て初めての南向き発航となりました。南向き発航は、これぞ山岳滑空って感じのランウェイです。離着陸するところは若干の上り、その先はランウェイずーっと下りです。着陸でロングしちゃうとずーっと下まで行ってしまいます。
11時頃、条件がちらほら出だしたところで自分の番が近づいてきます。僕にとっては初めての競技フライトということで、飛ぶ前からドキドキ。前の選手がちょっと滞空したといことで、自分も滞空せねばという緊張感にとらわれます。
てことで自分の順番。出発出発。なぜかビビってしまい、離脱高度がかなり低い。これはマズイ。とりあえず第1旋回してちょっと進むと機体がぐわっと浮きました。おぉ。ここで旋回するとバリオがプラスに。初めて自分でサーマルを見つけました!バッタは免れた。しかしサーマルは見つけれたものの、なかなか中心によれない…。旋回中にバリオが+2と−1交互に振れている感じです。結局サーマルから離れてしまい、自分の実力不足を感じました。
離着後GPSを見ると、100メートル上がれてました。初めて自分でソアリングでくた嬉しさと、まだまだ上がれたなっていう悔しさが混ざりました。
この日は30分滞空も2本出たので、私も久住山の山頂までいけるように頑張ります。まずはいい発航順のくじを当てねば。
  
DSC_2356.JPGDSC_2354.JPG
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 09:38| Comment(0) | 未分類