2018年02月12日

JA2333整備

グーテンモルゲン、一回生の中で一番単位が危険な佐藤です。
一回生がブログ投稿する際は誰が書くかあみだくじで決めるのですが運悪く(運良く?)当たってしまい今回は僕が書かさせて頂きます。
昨日、2月11日に大野滑空場へ行き整備士の方にご協力頂き京大ASK-21と呼ばれる機体の整備をして来ました。

具体的には機体のシートを外し機体に溜まった藁などのゴミを吸い取る、メインギアを分解して汚れを取りグリスを塗り直す、メインピンに傷が無いか染色浸透探傷試験を行う等、機体を安全に飛ばす為に不可欠な整備を実施しました。

全ての機体は整備の元に飛ぶ事が出来ていて学生、教官の身を守る為には一切の手抜きも許さず多少時間が掛かろうともきちんとした整備を行う事が大切であるという事を学びました。

自分は機体係養成の身ですが機体について深く学びこれからの合宿で実践し早く独り立ち出来るよう努力したいです。



追伸
風邪ひきました。
自分の身は自分で守る事が出来た筈だと反省しています。寒さ対策はバッチリ!で行きましょう。

ここから先は関係ない話ですがもしかしたらこのブログを見てくれているかもしれない受験生の方へ。あと少しで楽になれます。寒さ対策は万全にあともう一踏ん張り頑張って下さい。
今年の新歓で会いましょう。



整備の際に撮った写真です。
メインギアのブレーキ部分を取り外す際に撮りました。
image1.jpegimage2.jpeg
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 17:22| Comment(0) | 未分類