2016年05月24日

5/21-22長野合宿

こんにちは。今年度から2回生になりました朱宮です。先日の長野合宿の報告をいたします。

長野での合宿は今回で4回目でした。長野での山飛び、場周、グランドワークなどは大分慣れてきたような気がします。また、長野では様々な機種を見ることができ、それも楽しみの一つとなっています。個人的には、プハッチを今回初めて見ることができました。

続いてフライトの報告に移ります。
1日目はリッジのコンディションが良くグライダーがなかなか帰ってこなかったのと、人数が多かったため、僕に回ってきたのは1発だけでした。山での気流が荒れていたので上空で酔ってしまい、最後はダイブで高度処理して着陸してしまったのが少し悔やまれます。
2日目は風が前日ほど強くは吹かず、午前中の複座機はバッタ飛びが続きました。午後から若干風が強くなり、複座機もある程度の滞空ができるようになったところで僕は2発飛ばせてもらいました。あまり高度は稼げなかったものの、最後の発航では初の1時間越えのフライトができ、大満足でした。
合宿中の合計5発のフライト時間は合わせて167分となり、多くの科目をこなすことができました。

今回は、僕が参加する合宿で久々に雨が一切降らなかったのでいい写真も撮れました。個人所有の機体を除いて載せておきます。全てスポッティングカットで

1枚目 Alexander Schleicher ASK 21 / JA21YP
2枚目 PZL Bielsko SZD-50-3 Puchacz / JA2518
3枚目 PZL Bielsko SZD-51-1 Junior / JA2524
4枚目 Scheibe SF-25 Falke / JA2338
image1.JPGimage2.JPGimage3.JPGimage4.JPG
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 02:09| Comment(0) | 合宿