2016年02月23日

七大戦 競技4日目

こんばんは、一回生の西ヶ塙です。


本日の朝は視程が悪く待機し、風向きが変わってピス交。雲が低く視程の回復もゆっくりで午前中は小林教官に飛行規定や耐空証明書について教えてもらいました。


予報では条件も良くはないだろうとのことで競技は無さそうな空気の中、やっと飛べる程度の状況になりクルーとしてフライトをさせてもらいました。サーマルがあり少し高度を上げて良い感じと思ったところ競技開始になり降りざるを得なくなりました。


日差しが雲間から地面を照り各機が上昇しましたが十分な強さがなかったのか、どの機体も第一旋回点を下限ギリギリの1800ftで旋回したとの報告でした。そして競技終了の16時頃には東大が周回、名大が5ポイント、我が京大の中西先輩は3ポイント周って終わりました。


阪大、北大も何ポイントか周ったようでしたが第一旋回点で1800ftを下回ったので滞空点のみとなりました。また、後で判明したのが名大の5ポイント目が16時を過ぎていたとのことです。名大の点数調整がされていませんが現時点における順位は…


個人


1.柴田さん(東大) 1800点


2.守法さん(名大) 1254点


3.中西さん(京大) 1118点


団体


1.東大 1827点


2.名大 1318点


3.京大 1152点


詳細は以下の通りです。

IMG_20160223_213950.jpg
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 23:30| Comment(0) | 大会