2015年12月03日

トレセン 7日目、陸送日

更新が遅くなってしまい申し訳ありません、3回の山崎です。

トレセン7日目
前日の天候とは打って変わり、朝から雲底900mほどの雲がべったりはっていました。条件はまず見込めなさそうだったので、出場機体搭乗5時間という経歴をためるために、ATで高度を稼いでもらって最小沈下速度で飛ぶという作戦をとりました。しかしVMCのため800mまでしか上がることができず、思うように飛行時間が増えません。前日は1200mまで上がれたのに……。ただ、それでも22分飛べたので、WT3発分くらいにはなりました。
その後は青空がちらっと見えて、また雲で隠れて、というような天候が続きましたが、14時を超えたあたりで滞空する機体が出てきました。これはチャンスとばかりにdiscusで出発。離脱して、先ほどまで滞空していたポイントに機首を向けますが、なかなかサーマルに当たりません。ぼこぼこした感じはあったので、欲を出して少し遠いところまで翼を伸ばしました。もう流石にRWに戻ろうと思い、左旋回をしたところで機体がずんと持ち上げられました。ここぞ!と思いセンタリングを試み、未熟ながらも何とか全周プラスに入れることができました。とりあえず一安心ですが、これがなかなか弱いサーマルで、思うように高度が上がりません。頑張って500mまで到達したところでバリオが±0になってしまいました。その後は500m付近で粘りに粘り、1時間滞空も現実味が帯びて来たのですが、無情にも太陽が雲に隠れてしまいました。上空での必死の祈りも虚しく、条件も徐々に萎んでいき、結局40分で降りてしまいました。もう少しで1時間だったのに、と悔しく思いました。

トレセン参加前は全国大会出場の経歴(飛行時間30時間以上、出場機体で5時間以上、1時間滞空、24km周回)が何一つ溜まっていない状況でしたが、今回の強化合宿で1時間滞空以外は達成することができました。1週間という長い期間でしたが、集中的にフライトでき、また他大学の部員とも交流でき、とても良い合宿でした。全国大会に出場するために、もう一踏ん張りです。





陸送日、諏訪湖SAより。とても条件が出そうな1日でした。
写真 1.JPG写真 2.JPG
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 12:42| Comment(0) | 合宿