2015年02月14日

大会壮行会

こんばんは
1回生の廣地です。

今日は京大芝蘭会館別館レストラン「しらん」にて壮行会が行われました。

この会はOBさん方が企画してくださり初の試みでしたが、多数のOBさん、川瀬部長に来ていただき大変な盛況でした

OBさんとの歓談を楽しみながら、今年度の活動報告、関西幹事会さまによる企画「今年の1枚」発表、今大会に向けての競技説明、作戦説明並びに決意表明を行いました。

そして山元様、米田様から激励のお言葉をいただき、盛大に終わることができました


大会出場選手、部員共々OBさんからの熱いエールをいただいて感激し、来週から始まる七大戦、全国大会に向けて意気込んでおります

私自身、このように部活の大先輩方とお話できる機会を与えていただき、楽しく貴重なお話をお聞きできたことに非常に感謝しております。

京大や京大グライダー部の変化したところ、変わらず残っていることなど、時代の流れや伝統を感じました。

今後も現役部員とOB・OGさんがこのように交流できる場ができれば幸いです。

今日の壮行会を企画してくださった皆様、お忙しいところ足を運んでくださった皆様、本当にありがとうございました!

最後に、壮行会前にBOXで打ち合わせをしていただいた米田様、岡野様、政様、中橋様お世話になりありがとうございました。

今年度も新歓期にOBさんを招いた講演会を企画しております。ご多忙とは存じますが、京大まで足を運んでいただけると嬉しいです!

image


そしてこのブログを書いている私は明日から関宿まで333の陸送に行ってまいります!

5時出発の予定です!合宿の準備ができていません!ピンチです!お風呂に入ります!失礼します!
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

牽引講習会

こんにちは、2回生の南です。
今日は煮干しの日ですが、ぼくは牽引講習会に参加していました。

昨日の夜に宿舎入りして、まずは教官に学科をしていただきました。
ヒッチメンバーの強度やヒッチボール径、出発前にチェックすること、交差点の右左折のしかたなど。
トレーラーと牽引車の車検証は絶対に確認しろと言われました。トラブルを起こしたとき、責任はハンドルを握った人にあるのだと。
肝に銘じます。

今日は朝から牽引の練習をする予定でしたが、雪が積もっていたため、再び学科。牽引に関係する法律について教えていただきました。

10時前にランウェイに出て、実際にハウストレーラーを見ながら、再度注意点を確認。

2015-02-14-10-18-25


ハウストレーラーには、慣性ブレーキというものがついています。牽引車がブレーキをかけると上の写真の黒い蛇腹の部分が縮み、トレーラーに油圧ブレーキが自動でかかります。牽引車が動くと蛇腹が伸びて油圧ブレーキが解除されます。よくできてますね。感動しました。

12時前から、実際に公道で練習を開始。まず教官にお手本を見せていただきます。
左折の時は左後ろと右前を注意するよう強調されました。

その後は講習生の運転を順番に見ていただきます。主に左折を練習しました。
ミラーでタイヤを見ながら旋回するのですが、白線に近づきすぎず離れすぎないようにしなければなりません。かといってそっちばかり見ていると右前の注意が疎かになります。ゆっくりで構わないからしっかり判断してハンドルを操作するようおっしゃられました。

今回は1日だけでしたが、普段あまり意識していなかったトレーラーの各部についての知識を得られ、実際に公道を走り、車庫入れの練習もしと、充実した講習会でした。
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | その他