2014年11月11日

長野合宿2日目

11/9 長野滑空場 雨

2回中西です。
9時くらいに宿舎を出発し、ランウェイ22へ。
機体を組みながらわずかに雨が降り出しましたが、曇りと小雨が交互にくる感じでした。

というわけで飛べるだけ飛ぼうということで、ASK21の単機。

前日の夜に、操縦系統のつなげ方について、実物のリンケージを使いこれ以上にないくらいわかりやすい説明をしてもらったので、早速試させていただきました。
左右のエルロン、右のダイブは繋げられましたが、左のダイブはできませんでした。がんばります。

それで、天気予報では南風予報だったので、発航は22側、効率化のために着陸は04側という変則的な運航でした。

1日の総発数は8発、お昼に搭乗希望者が無くなり撤収しました。

宿舎に帰ってからは会計を教えてもらい、習得しました(多分)。

デブリの後解散。
時間が早かったので、夜9時半頃には京都に帰ってこれました。

条件は全く出なかった長野ですが、21、会計、リトリブ、その他様々な事を教わりとても充実した合宿でした。

次に行ったときはソロに出ます。

image
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 合宿

2014年11月08日

長野合宿1日目

こんばんは、2回生の南です。
中西航と一緒に、長野に来ています。

今日は朝から濃霧が出ており、視程待機かと思われましたが、幸い機体を組んでる間に霧は晴れ、訓練開始となりました。

ぼくは今日2発飛びましたが、教官から厳しい指摘をいただきました。具体的な内容は伏せますが、これどーにかせんとどーにもならんなーといった類のものです。

地上では、会員の方に機体戻しのやり方を教えていただきました。中西はリトリブに励んでおりました。

今日は18発まわりましたが、どれも数分のバッタフライトでした。

では。
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 合宿

東海関西競技会最終日

谷一です。

昨日は風で1日飛べませんでした。
今日は13時まで競技の後、閉会式がありました。

本日の競技は、逆転層バリバリ、日射なし、寒気なし、湿度高しの絶望的な条件の中、風が変わる予報が出ていたので、もしコンバージェンスでどこかのチームがほんの少しでも滞空して1、2点で逆転されたらどうしようという考えのもと、元気よくバッタを繰り返していました。

当然順位が変わることなく閉会式を終えました。

京大は全国大会に進めることになりました。また合同チームは団体点がつかないので、京大は繰り上がって団体4位になりました。

周回でなかったことは心残りですが、僕と中井のどちらも点を取ることができてよかったです。

そしてクルーの皆さんありがとうございました。皆さんの協力と差し入れのお菓子がなければ到底一週間戦い抜くことはできなかったと思います。
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 22:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 大会

2014年11月06日

東海関西競技会day6

谷一です。

本日も朝から逆転層の下を最小沈下速度で飛行するエクストリームスポーツが始まりました。まったくファーストパイロットは大変なものです…

あれは14時前のことでしょうか。発航前のASK23のコクピットの中から空を眺めていると、急に空がぱーっと青く開けました。逆転層が突き抜けたかもしれないと思って飛んだら、13分のフライトで京大に2点が加わりました。

たかが2点ですが、これによって京大の順位が10チーム中7位から6位に上がりました。

グライダー競技ってこんなんだったっけと思います。

明日は風が強いですが、風が制限を超えない限り爆発dayになりそうなので、最後のチャンスだと思って3年半で全技量をぶつけるつもりです。
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 22:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 大会

2014年11月05日

東海関西競技会 Day5

こんばんは
1回中井です

今日は朝から雲がべったりと空一面を覆い、逆転層もあったために条件に恵まれず、得点者ゼロという状況でした。
簡単に言うと、絶好のソロ日和(笑)
そのため、京大の順位は昨日と変わらず…

機材トラブルが重なり待機時間が長かったため、ラジオ体操をしたりして時間を潰していました

明日以降、少しでも点数を重ねていけるように頑張っていきます!!
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 大会