2014年05月02日

久住3日目

こんばんは、久住から二回の山崎です。
本日は雲一つない青空で、ようやく競技が始まりました。前日まで雲に覆われていた久重連山を眺める事ができ、久住滑空場の美しさを垣間見る事ができました。
我らが京大の発行順は中西が2番、山崎が8番、生垣が27番でした。
初日に天気が悪くて誰も飛べなかった関係で、予定より1時間半早い8時半に競技開始となりました。中西も山崎も順番が早く、条件が見込めない厳しいフライトになりそうでした。
まずは中西が8時29分に出撃。しかし案の定撃沈、4分で地上に帰ってきました。次に山崎が8時59分に出発、横風が強かったので風上側にのばしましたが、-1のところを飛ぶのが精一杯で、最沈で飛ぶも同じく4分で撃ち落とされました。周りを見ても雲一つなく、他の機体も滞空していなかったので、私程度のパイロットでは太刀打ちできませんでした。ただ景色はとても綺麗でした。遠くの方に阿蘇山も見え、高山の飛行を楽しみました。
生垣もサーマルができる前に順番が回って来て、結局その後11時まで10分を超えるものがなく、他の人にとっても厳しい条件だったようです。ただ、30分近い滞空も3回ほどあったので、うまくサーマルを掴む練習をしなければと思いました。
明日の私の順番は8番目で今日とほとんど同じコンディションとなりそうですが、1秒でも長く浮いていられるように頑張ります。
DSC_0060
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | その他