2013年09月04日

南山・大工・関学合宿外人参加

お久しぶりです、1回生の山崎です。一つ前の合宿に引き続き、木曽川に残っております。

初日
知っている人が少なく、またいつものあの子といつもの先輩がいなくて心細いスタートとなりました。この日は午前中に151の整備作業の手伝いをして、午後からランウェイに出ました。午前中は視程が悪くあまり飛べていなかったようなのですが、午後はそれも回復し、ランウェイ人口も少なかったので3発飛べることができました。

2日目
この日は市の防災訓練があり、お昼まで宿舎の掃除をして待機していました。しかし午後の天気が悪く、結局ランウェイに出ることができませんでした。そこで佐々木教官が学科を用意して下さり、興味深い話を沢山聞けました。この日で他大の人達とも仲良くなれました。

3日目
ウェザブリでの予想では訓練は厳しそうだったものの、朝方は雨が降っていなかったので索点も兼ねていつも通りに宿舎を出発し機体を組むことに。しかし組み終わったところで雨が降ってきて一発も飛ばせずに撤収しました。この日は午前中に学科を受け、午後からは地元の温泉に繰り出しました。電気風呂たるものに初めて入りややテンションが上がりました。

4日目
雲底が低く太陽も見えなかったものの、雨域は被っていなかったのでランウェイへ。とりあえず21だけを組んで様子を見つつ、いけそうなら13も組んで訓練をするとの事。しかし、そろそろ飛びたい、飛ばせておくれ、そんな願いも虚しく機体を組んで発行点に運んだところで大雨が降ってきました。レーダーを見てみると滑走路の上空にだけ雨雲が発達していました。そして雨が弱まったすきに急いで機体をバラして撤収、宿舎に帰った後、先輩方に中日点検を教えていただき、午後からは学科でした。この日は断続的に雨が降る嫌な天気でした。

現在前線が停滞しており、また新たな台風も発生しているようで、残念ながら今後の天気もあまり期待できません。ですが天気の合間を縫って少しでも多く訓練ができるように、明日から効率よく動けるように頑張りたいと思います。
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 合宿