2013年03月04日

全国大会Day2

競技2日目。東風が吹き、今日のタスクは千代田→給水塔でした。
午前中は厚い雲がたれこめバッタ続きでしたが、昼ごろから日射が回復しサーマルコンディションに。
そんなタイミングで今日2発目のフライトが回ってきました。
「先発機周回、自分バッタ、後続機周回」という昨日の記憶が頭をよぎりましたが、ひとまず忘れたことにして出発。

赤岩あたりで小さなプラスをつかまえたがあまり上がらず、サントリーへ。行けども行けども沈下続きで、逃げ戻る。
引き返す途中で旋回中の日大機の下に入り、やっと落ち着いて上がるようになりました。
日大が800m以上まで上げてから一直線に飛んでいったのに、こちらは700手前までしか上がれず、千代田に行くまでもう一つサーマルが必要でした。田の字近くでヒットし、どうにか800まで上げてから千代田クリア。
さらに給水塔まで3つほどサーマルを乗り継ぎながら進み、無事タスクを達成することができました。
ところが、提出した写真のうち、千代田でセクター外の判定を受け、50点減点となってしまいました。GPSの軌跡は確かにセクター内を通過しており、旋回位置もライン際というわけではなかったのですが・・・。

結果、本日の得点は734点となり、デイリー17位、2日までの累計で23位とあいなりました。ひとまず昨日のトラウマからは脱することができてほっとしております。しかし、トップ層と比べると倍近い時間がかかってしまいました。
原因は2つ。一気に上がって高高度を維持できていないこと。七大戦最終日にも感じましたが、サーマル旋回している機体の下に入ったのに、結果先行機よりも低い高度でサーマルアウトしてしまうことがあります。兆候としてバリオがプラスとマイナスの間でブルブルしていることを考えると、途中でサーマルを見失っているのでしょうか。
もう一つは、クルーズ中に無駄が多いこと。他機のトラックデータを見てみると、自分の軌跡よりもすっきりとしているように感じます。サーマリング中に次の進路を決定できていないのと、サーマルからの離脱高度が低く何度もサーマルを探してウロウロしていることが背景にあるように思います。

とりあえず今日の反省はこんなものでしょうか。競技期間はあと6日。長丁場ですね。
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 大会