2012年02月26日

七大戦競技日三日目

こんばんは、一回生の谷一です。
今日は朝からずっと競技でした。前日の雨でランウェイの状態が非常に悪く機体押しに苦労しました。
また空一面に雲がたちこめ、日射がなく渋い条件下での戦いでした。

午前はバッタが続くなか中西さんが19分の滞空をして得点しました。

午後になぜか僕が競技フライトをすることになりました。
日射はなく、2〜3の北風が吹いていたので宝珠花あたりから東の市街地、工場を探って帰ろうと思いました。
すると市街地でプラス1にヒット。センタリングしながら南のゴルフ場まで流され、そこでプラス2を掴み750メートルまで上げました。
周回点の安全高度が610メートルだったので、利根川まで伸ばそうと考えましたが、3ポイントは難しいと判断し、サーマルトップで粘り続けました。そのまま南に流されていると川間駅上空で強いプラスにヒットして1000メートルまで上げました。
利根川まで伸ばそうとするも沈下にはまり速度を出して飛ぶも失高し、再びゴルフ場で高度を回復しようとするも、すでにサーマルは消えていました。
工場でできるだけ粘って帰ってみると、35分のフライトで今日のデイトップでした。

それから今日はOBの中野さんと阪口さんから差し入れを頂きました。ありがとうございました。
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 19:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 大会