2011年03月16日

全国大会最終結果

4回の粟津です。

前回の日記で報告した通り、埼玉県熊谷市にて行われていた第51回全日本学生グライダー競技選手権大会は中止となり、表彰等も行わないこととなりました。我々部員一同は地震の翌日の12日に熊谷を出発し、木曽川を経由して13日に無事に京都へ帰って来ることができました。

大会は中止となりましたが、競技6日目までの成績が発表されています。そこで、遅くなりましたが競技6日目の詳細と最終結果を報告したいと思います。


この日は14発航で、発航順は19番でした。
ぽつぽつと周回する機体が出てくる中12時前頃順番が回ってきました。
離脱直後すぐにサントリー上空に向かい、そのあたりでサーマリングするのですがいまいち上がりが悪く、なかなか高度を上げることができませんでした。しかし、400m前後で粘っているうちに徐々に上昇していき、1000m辺りまで上昇したのち、第一旋回点の千代田をクリアしました。その後サンヨー上空でもう一度高度を上げてから第2旋回点の給水塔の方へ向かい、給水塔をクリアしたのですが、写真撮影をミスしてしまい、もう一旋転して撮り直しているうちに高度が低くなってしましました。それでもぎりぎりゴールできるかと思い、ゴールへ向かったのですが、ゴール判定はネガティブとなり、2ポイントクリアという結果となってしましました。たくさんの判断ミスと技術不足がこの結果もたらしたものであり、非常に悔しい結果となりました。
その後もう一度発行順が回ってきて、前日1ポイントした後に飛び直して周回したこともあり、もう一度飛び直すかすごく迷ったのですが、背後から雨雲が近付いていることもあり、発航をキャンセルしました。しかし京大がキャンセルした代わりに発航した名大ディスカスをはじめ、その時間帯に飛んだ機体が次々に速いタイムで周回する結果となり、のちに胃が痛くなるほどの悔しさを味わうこととなりました。
その後ランウェイチェンジとなり、32で発航再開したのですが、まもなく地震が起こり、競技終了となりました。

最終結果は次の通りです。
<個人>
 1.小桧山 健(日大8K) 3456点
 2.後藤 真徹(慶應YS) 3258点
 3.船曳 直志(慶應ディスカス) 3144点
 4.粟津 浩介(京大ディスカス) 3081点
 5.井口 知彦(青山23) 2818点

この通り個人4位という結果でした。おそらく京大史上最高位ではないかと思われます。
このような素晴らしい結果を残せたのもこれまでご教授下さった教官の皆様、応援して頂いたOBの皆様、支えてくれた部員のみんな、大会中助けてくれた他大のクルーのみんなのおかげです。本当にありがとうござました。


最後になりましたが、被災された方々にお見舞い申し上げるとともに、一人でも多くの人が無事であることをお祈りします。
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 16:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 大会

2011年03月11日

妻沼は全員無事です

4回の前田です。

大規模な地震が発生し、
埼玉県熊谷市も大きな揺れを感じましたが、
こちらは京大グライダー部員含め全員が無事です。
この災害を受け、今大会はこれをもって中止となりました。
今夜は宿舎泊、今後の見通しはまだたっていません。

余震も続いていますので、気をつけて行動します。

取り急ぎ、ご報告致しますとともに、
被災された皆様にお見舞い申し上げます。
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 18:39| Comment(1) | TrackBack(0) | その他

2011年03月10日

全国学生グライダー競技選手権大会(競技5日目)

あわづおめ

このピースサインとドヤ顔が、何を意味しているか
もうおわかりでしょう…Σ('◇'*)エェッ!?


こんばんは、前田です
今日は風の強い1日で、強いときは正対風10m超え、
最低気温-1℃という震えるほどの寒い日で、
たまらず大会ウインドブレーカを導入した程です。

今日の発航順は5番。
1発目、2発目はコンディションがいまいちで
バッタで帰ってきた粟津。
昇降計−5を振り切る沈下にもハマったそう。

そんな中、次第に機体が滞空・周回する間に、
風はどんどん強まっていきました。
3発目は13時07分発航。
多くの期待が東側でサーマルを探しながらも上がりきれないところ、
「一か八か」西側に向かう京大ディスカス。
そこで強いサーマルにヒットし、ぐんぐん高度を上げます。
しかし、正対風が強く、上がるはいいものの第一旋回点の給水塔とは
反対方向に凄い勢いで流されてしまいました。
1050mまで上げ、給水塔を目指すも、ディスカスでもなかなか進まない!
下から見ていてもどかしかったです…!
辛うじて1ポイントクリアも、そこまで。悔しさの中、着陸します。

得点対象になるのはその日の最終フライトなので、
もう1発飛ぶかどうかは大きな賭けでした。
喉元すぐそこまで「飛ばない」と言いかけていたという粟津。
しかし、高く上昇する他大機体を見つめる彼の姿を見て、
『こいつ、「飛ぶ」って言うやろな…』という僕の直観は案の定でした。
14時42分、この日4発目のテイクオフ。
うまくサーマルを掴み、風に抗いながら1100mまで上昇。
早稲田LSと競争しながら給水塔―千代田をさらりと?回ってきました。
ゴールする京大ディスカスを見ながら、いらっしゃっていた佐々木パパ教官と
「あいつまた調子のるなぁ〜」とにやにや。
今大会、条件の出た日は毎日確実に周回していて、頼もしい限りです。

さぁ、気になる順位は……?
 <個人>
 1. 小桧山 健 (日大8K) 2691点
 2. 粟津 浩介 (京大ディスカス) 2581点
 3. 後藤 真徹 (慶應YS) 2508点
 4. 船曳 直志 (慶應ディスカス) 2320点
 5. 波多野 高斗 (法政ディスカス) 1912点
 6.  井口 知彦 (青山23) 1893点

耐えて2位!

今日はパパさんから浅草のお土産をいただきました☆ありがとうございます!
そして右教官からも救援物資が届きました☆ありがとうございます!
おいしくいただきます
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 18:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 大会

2011年03月09日

全国学生グライダー競技選手権大会(競技4日目)


4回生前田です。

3月9日。競技4日目でございます
今日の発行順は3番(`・ω・´)
ブルーコンディションでしたが、1番、2番の早稲田LS、名大Discusが
あれよあれよと上昇。
しかしリトリブを待っている間に南からの背風に……
ピス交が決定しました。
その隙に周回していく2機。20機弱の地上運搬には時間もかかり、
飛びたいのになかなか飛べない状況に苛立ちも募ります。

そして、11時21分、発航。
うまくサーマルにヒットし、やや時間をかけながらも1250mまで上昇。
ワングライドで給水塔―千代田―妻沼のコースを周回してきて
くれました。お弁当をゆっくり食べる間もなかったっすよ〜(*・ε・*)

そうして12時頃には京大、本日の業務終了
あぁ、ふがいない俺。飛びたい飛びたい
とりあえず選手・クルーともにのんびりと過ごすことができました。

それでは現在の順位、いってみましょう
  <個人>
 1. 小桧山 健 (日大8K) 1691点
 2. 粟津 浩介 (京大ディスカス) 1680点
 3. 後藤 真徹 (慶應YS) 1547点
 4. 船曳 直志 (慶應ディスカス) 1495点
 5. 船越 健介 (法政ディスカス) 1396点
 6. 高橋 良典 (関関23) 1171点

驚くなかれ我らが粟津2位につけております
明日も元気にがんばります応援よろしくお願いします。
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 18:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 大会

2011年03月08日

全国学生グライダー競技選手権大会(競技3日目)

こんにちは、4回生の前田です
七大戦から間をあけず、全国大会が始まりました。
今大会、選手として参加する予定だった私が、
入社前研修等で3か月間フライトができなかったため、
参加を断念し、4回粟津1人のみの参加となっています。

練習日→開会式→条件出ず→雨でノーコンと数日を経て
本日が競技3日目。(更新せずすみません

昨日の雨のため、R/Wのコンディションが悪く、
午前中はドカチン大会。競技が始まったのは12時半でした。
リトリブも1索引きの中、発行順は12番。
なかなか順番が回ってこない中で、
周回する機体がちらほら。やきもきしながらも、
ワンチャンスが予想されたので、1発を大事にしたいところ。

13時50分ごろ、粟津が出発。
離脱が360mと低めで、ヒヤッとしましたが、
なんとかサーマルを掴み、1100mまで上昇。
そのまま見事周回を達成しました

サイン粟津


航空ファンの方にサインを求められ
調子に乗る粟津浩介(22)




ということで現在の順位は!!
 1. 高橋 良典 (関関23) 900点
 2. 小桧山 健 (日大8K) 801点
 3. 粟津 浩介 (京大ディスカス) 789点
 4. 船曳 直志 (慶應ディスカス) 717点
 5. 土本 浩祐 (東大24) 690点
 6. 後藤 真徹 (慶應YS) 681点

なんと3位!!(@◇@)
どうか今後に期待していてください!
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 23:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 大会