2010年10月12日

新人戦 競技開始!

木曽川滑空場では新人戦の各種競技が昼夜を問わず繰り広げられております。2回生の中西です。

昨日ランウェイで吹き荒れた風も収まり、関東勢の練習フライトと第1・2ラウンドの競技フライトが行われました。
僕も発航順が回ってきたのですが、やはり思っていたようにはいかないものです。事前にシミュレーターで練習はしてきましたが、口が全然動いてくれませんでした。フライトの内容自体は、上昇初期に頭を押さえすぎたとか、上昇離脱してしまった後の頭下げが遅いといった点を指摘されました。パイロットは8割頭とよく言われますが、6割ぐらいしか動いていなかったような感じです。
とはいえ、一発目から会心のフライトができた選手は少ないようで、まだまだこれからです。
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 02:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 大会