2010年02月15日

KG龍大合宿に参加しました



M1小林です。
土日に後輩の粟津・中西と木曽川滑空場での龍谷大学&関西学院大学の合同合宿に参加しました。


土曜日は西高東低の気圧配置で北西風が強く、ほぼすべての高度に渡って晴れました。

11時ごろから上昇気流が出始めました。
鳶も旋回しながら上がっていき、人間たちのグライダーも滞空するようになりました。


11時すぎに粟津がディスカスで離陸。
高度1200mまで上がり、滑走路北8.5kmの南濃大橋や南5kmの長池交差点を含む、木曽川滑空場の旋回点を次々とクリア。2時間ほどして降りてきました。大野滑空場まで行けそうだったとか調子こいてました。

入部当初は一番ボーっとしていた彼も成長したもんです。


中西のほうはチェックフライトのあと、ASK13で5th、6thソロに出ていました。天気さえ良ければ安定して出れそうです。自家用操縦士実地試験の受験資格まであと24発のソロ!粟津をはじめ、先輩のフライトを見てディスカスに乗りたいと最近うわ言のように言っている中西ですが、ディスカスに乗るのもそう遠くはないみたいです。



日曜日は天気は良かったのですが、高層雲が立ちこめたのと風が予想以上に弱かったことがあり、上昇気流は出ませんでした。
僕は後席で教育証明関連の練習で4発飛び、120mでの索切れ緊急対処と事業用操縦士の課目練習(旋回完全失速からの回復、50度バンク急旋回、最小操縦速度による滑空、フォワードスリップ)、インストラクションの練習を2回行いました。


ホームページはこちら
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 合宿