2009年10月15日

新人戦 5日目

新人戦も早5日目、人だらけの宿舎にも慣れてきました。
同志社の差し入れにみかんの段ボールが昨日から4箱も届いて、皆でせっせと食べています。

今日のフライトは11時過ぎ、ASK21によるフライトでした。
420で離脱して、すぐにクリアリングして初期失速をやったのですが、21はどうもバフェットがわかりづらくて、機首が下がりかけた瞬間にリカバリーをするしかありませんでした。どうせなら完全失速まで待てば良かったかな…
急旋回は機首が少し上下したものの無難にこなし、あとは高度処理して帰るだけ。高度計を連打しつつ(←今までの反動)旋回していたら、後席から「あれっ?」と恐怖の一言。北向きで旋回を止めて、少し延ばしてから場周に入ろうと思っていたのですが、教官はもっと早いタイミングを考えていたようです。でも、チェックポイントを180で通れたのでまあ良し。第3旋回でバンクがきつくなったり、フレアの指示を受けたりしたものの指定地に降りることが出来ました。

宿舎に帰ると第2ラウンドの成績が発表されました。
中西翔平
ASK13 57.5
ASK21 59.0
ラウンド合計116.5
総合計241.0 個人38位

以上の結果になりました。順位が下がっているのは2回生の影響なのでいいのですが、第1ラウンドより得点が落ちているのが残念です。1回生内の順位はほぼ発数順で変化無し。ただし龍大上田がぶっちぎりの得点をたたき出して個人16位という凄まじい活躍をみせています。

明日の1発で第3ラウンドが終了して、おそらく競技フライトとしてはそれで終わりになると思われます。最後の1発で悔いを残さないように、思い切りやってきます。
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 21:40| Comment(3) | TrackBack(0) | 大会