2009年03月28日

大工・府大合宿中間報告

c3d5f9ab.JPG

4年の小林です。

1年高木と3年の今泉とともに大工・府大3月合宿@木曽川に参加しております。


とりあえずこの合宿は横風が強いことが特徴だと思います。
ただ、上空にド寒気が入っており、非常に条件のいい合宿です。


連日1000m超のサーマルがドッカンドッカン出ます。
横風着陸の信頼があるパイロットのみが単座に出れるといった状況です。


そんな中風が弱いうちに1年高木がセカンドASK23まで出ました。


さらに3年今泉がようやく届いたライセンスによりディスカスの初フライトを行いました。
そして4thディスカスでなんと1時間滞空、今日に至っては木曽川で25kmタスクを達成しました。
なんだこいつは。


今泉が凄いというよりは条件がすばらしいの一言に尽きます。


僕は一昨日気流の大荒れの中フライトし、降雨域と降雨域の狭間にある前線性のリフトで直線+5m/sで上がりました。
その後その降雨域が一つになり、カーテン状の降雨域になりました。

高度800mで飛んでいたらその雨のカーテンが西風により滑走路に近づいているのが見え、さらにキャノピーに雨が当たってバチバチ凄い音がするのでダイブを開いてスリッピングターンに入れ、すぐさま350mまで降ろし着陸しました。

横風7m/sの中、偏流修正角がエライことになっていました。
雨の中機体ばらしを手伝ってくれたみんな、ありがとう。


明日も条件がいいようです。
3年今泉は全国大会経歴である1時間滞空・25kmタスク・出場機5時間のうち1時間滞空と25kmタスクを達成し、残るは出場機1時間40分だそうです。

明日今泉の経歴が揃うよう地上から(主にウィンチで)サポートしていきます。


ウィンチの3000回定時点検が迫ってきていますが、連日の充実した訓練のせいか、よく眠れそうです。


posted by 京都大学体育会グライダー部 at 21:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 合宿