2009年03月02日

2月28日

こんばんは。2回粟津です。

本日は3月2日ですがおととい2月28日の日記を書きます。


前日に降った雨でランウェイの状態が悪く、フライト開始は午後1時前からでした。待機していた午前中は晴れていたためちょうど発航開始の頃にはいい条件になっていました。そしてこの日の発航順は1番、しかもリトカーがランウェイの状態が悪いため使えず、バギーでのリトリブで単索発航だったので、この最高の条件をほとんど独り占めの状態でした。パイロットは我らがキャプテン池田さん。離脱直後にりだぽんですいすいと高くまで上がっていきましたが、その旋回が関宿ルールに反する右旋回だったためいきなり200点減点をくらいました。その後は50分ほどで二周し、かっこよくファイナルグライドを決めてゴールをしました。そしてゴールOKの無線。しかし、池田さんのゴールした場所がルールに定められている対岸土手上とは逆の土手上だったので、ゴールが認められないという地上の教官の判断でした。その後、落胆する池田さん。そして、その後第6旋回点をクリアする機体が現れました。この機体は池田さんのゴール前から飛んでおり池田さんの失敗を知らず、つられて同じように間違ったコースでゴールしてしまいました。その後にゴールした機体も間違えて計3機がゴール位置を間違えました。結局この3機ともゴール扱いとする事になりました。
2番手は今泉さん。サーマルがしぼみつつある時間帯に4ポイントクリアしました。
この日の点数は池田さん1000-200=800点今泉さん349点計1149点で2位の東大とは約300点差です。さてこの後はどうなるのでしょうか。


今日の晩飯はスタタロでした。食べすぎて逆に気持ち悪いです。
posted by 京都大学体育会グライダー部 at 23:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 大会